2011年02月17日

お母さんが一番

今日もあと10分程で終ります。
子供達はもうみんな布団の中で夢を見ています。
私はこれから嫁さんを迎えに行きます。

実は昨日・今日と、学会のために出張していました。
本当は一泊したかったようですが、さすがにまだ乳飲み子がいるので、昨夜も遅くに帰ってきて、今朝は早くに出かけました。
そのため、子供達はお母さんの顔を見ていません。
夜中に帰ってきて、早朝に出て行っているので、お母さんは子供達の顔を見ていますが、子供達は見ていないのです。

そのためか、子供達は少し寂しそうに布団に入りました。
「お母さんが帰ってくるまで起きて待ってる」と言いますが、帰ってくるのは深夜です。
そんな時間まで起きていたら、明日の朝が起きる事ができません。
無理やり子供達を寝かせました。

こんな時、いつも思います。
いくらお父さんが頑張ったって、やはりお母さんには勝てないのです。
いや、最初から勝とうなんて思っていません(笑)
子供にはやっぱり母親が一番なんです。

お父さんって言うのは、例え毎日顔を見なくても、時々豪快に遊んだりするくらいで良いのです。
しかし、やはりお母さんは一日でも見ないと、子供は不安になるのでしょうね。
息子なんて、これまでも何度も出張等で、お母さんのいない時間を一緒に過ごしているのに、それでもまだ寂しがります。
お母さんの存在と言うのは、本当に大きな存在なんですね。

本当は一泊もしていないのですが、子供達にとってはお母さんがいない夜でした。
明日の朝、目覚めたらお母さんに甘えるのが目に浮かびます。
でも、明日の朝も仕事ですし、子供達はそれぞれ学校と託児所です。
ゆっくり出来ないので、いつものドタバタの朝です。
それでもお母さんがいる事が、子供達には嬉しいのでしょう。

さて、そろそろお迎えコールが来る時間帯です。
ちょいとお迎えに行って、帰ってきたら私も布団に潜ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック