2011年02月04日

揺れる大相撲

またまた大相撲が揺れています。
前回は「野球賭博」でしたが、今度は「八百長」です。
昔から、大相撲八百長は噂があり、朝青龍の時には裁判にまでなりました。
その時は「証拠不十分」として、相撲協会側が勝っています。

しかし、今回はメールのやり取りが出てくるという、逃げられない証拠が出てきました。
ここまでの証拠が出てくると、さすがに相撲協会も「八百長があった」と認めざるを得ない状態です。
私自身の感想としては、八百長という意識があったかどうかは別にしても、少なからず星の調整というのは、昔からあったんだろうと思います。

マスコミはしきりに「相撲ファンへの裏切りだ」と、相撲協会を叩いています。
そして、ここぞとばかりに民主党菅内閣も、相撲協会への批判に必死です。
「あなた達に批判をする資格など無い」と私は言いたいです。
叩けるところしか叩かないマスコミも、国民を騙し続ける菅内閣も、相撲協会を批判するだけの資格はないでしょう。
自分たちの事はさておき、批判の矛先を相撲協会に向けようという意図がミエミエです。

確かに八百長は悪い事です。
でも、それは犯罪ですか?
ここまで大騒ぎする事でしょうか?
「国技だから」という人もいます。
でも、お相撲さんに完ぺきを求める程、私達国民は完ぺきなのでしょうか?

マスコミも政治家も国民も、モラルの低下が著しく、自分たちの事は棚に上げておいて、何故相撲にだけ潔白を求めるのでしょう?
昨年末の海老蔵騒動もそうでしたが、日本独自の文化的な事に関わる問題が起きると、目の色を変えて叩くのはちょっと異常です。
まるで日本の文化を目の敵にしているようにすら感じます。

八百長は良い事ではありません。
数多くの取り組みの中に、幾つか星の調整をした相撲があったかも知れません。
でも、それは本気の勝負の世界の、ほんの一握りであったと私は思います。
ところが、マスコミの報道を見ていると、まるで相撲の世界全てが八百長のようなイメージを持ちます。
八百長相撲はけしからん→これが国技とは言えない→相撲協会は解体すべき
このようなストーリーが出来ているように感じます。
目的は最初から相撲協会の解体で、相撲を国技からプロレスと同レベルの団体にしたい。
そんな思惑があるように感じます。

全ての相撲が八百長なら、何で力士はあんな辛い稽古をする必要があるのでしょう?
真剣勝負をするからこそ、厳しい稽古を毎日毎日しているハズです。
確かに昔の力士からすると、今の力士はハングリー精神も少なく、物足りなさを感じます。
でも、それは日本人全体に言える事です。
相撲の世界に限った事ではありません。
ここ数年の相撲への批判は、まさしく今の日本人そのものを疑問視している事だと思います。

ここで生まれ変わる事が出来るか?
まさしく相撲協会にとって土俵際です。
是非頑張って堪えてほしいです。
そして、今回の八百長発覚を薬として、今後に活かしてほしいですね。
相撲は日本の文化です。
プロレスと同格にしてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック