2010年12月17日

梅田へ

今日は寒い中、家族揃って夕方から出かけました。
駅までの道のりを歩き、電車に乗って向かった先は、大阪梅田。
週末の夕方と言う事もあって、電車は常に満席状態。
3回の乗り換えに、子供達はかなり疲れたようですが、それでも何とか梅田に到着。

梅田に来た理由は、嫁さんの仕事の関係。
梅田のホテルで勉強会があるようで、どうしても出席しなくてはなりません。
しかし、乳飲み子を抱えて参加出来ないので、梅田まで一緒に来て、私が子供三人を見る事になったのです。
以前も奈良市で2時間程の母離れで、何とか行けたので今回も同様にしました。

梅田の駅で別れて、嫁さんはホテルの方へ。
私達は時間潰しのために、ヨドバシカメラへと向かいました。
次女は最初こそ離れて行くお母さんを見て、不安そうな声を出していましたが、煌めくイルミネーションや行き交う人に興味津々だったようで、すぐに慣れてくれました。

ヨドバシカメラに入って、まずは地デジ用のケーブルを買うために、そのコーナーへ。
買い物を済ませると息子と長女が「お腹が空いた」と言うので、フードコーナーへ移動してソフトクリームを食べました。
出かけた時は寒さで震えながら電車に乗ったのですが、満員電車と店内の熱気で今度は一気に暑さでヘトヘトです。
イスに座って上着を脱いで、しばしソフトクリームを食べて身体を休めました。

次女も私達が食べているのを見て、「私も食べたい」と言わんばかりに手を出します。
次女用のおやつを持ってきていたので、それを食べさせて次女も満足しました。

その後、今度はおもちゃコーナーへ移動して、様々なおもちゃを見て回りました。
そうこうしている内に、あっという間に2時間が過ぎ、嫁さんから電話がありました。
今いる場所を伝えて、ようやく合流。
次女もお母さんの顔を見て安心したのか、笑顔が溢れていました。

時計をみると、もう9時前。
さすがにお腹が空いてきたので、フードコーナーでご飯を食べて帰る事にしました。
帰りは再び満員電車に揺られての移動です。
子供達もかなりお疲れの様子で、特に長女は疲れて私の足元にしゃがみ込んでしまいました。
嫁さんも次女を抱っこしながら、長女を何とか励まします。
しかし、長女はかなり疲労困ぱい。
疲れもありますが、大人たちに囲まれて、目の前は何も見えないので辛かったのでしょう。

すると、一人の男性がスタスタとやって来て、嫁さんに席に座るように話しかけて来ました。
自分が座っていたと思われる席を、嫁さんが立っているのを見て譲ってくれたのです。
長女も一緒に座らせてもらって、ようやく元気になりました。

その前の電車でも、サラリーマンのおじさんに席を譲ってもらった長女と嫁さん。
疲れていただけに、こんな時の人の優しさって心にしみますね。
サラリーマンのおじさん達だって、仕事帰りで疲れているだろうに、席を譲って頂いて本当に嬉しかったです。

子供達も久々の電車で、ちょっとウキウキ、そしてちょっと疲れた感じでしたが、ちょうとした楽しみの時間でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック