2010年12月13日

お金と子供

数日前にmixiのニュース欄で気になる内容のニュースを見かけた。
ニュースと言っても、mixiのニュース欄には政治・経済から、巷の噂話程度の物まで、ざっくばらんに表示される。
たまたま目に入った「年収500万円で子供を生む事は親のエゴか」みたいなタイトル。
正確には違う表記だったと思いますが、要は年収が低い親が子供を生む事は親のエゴなのか?という内容でした。

本文を読んでみると、gooの「教えてgoo」に投稿された内容の物を引用している。
この時点で「ニュースとして扱うなよ」という思いもあったが、内容が気になり読んでみた。
gooのサイトで相談を持ちかけた依頼者の内容は。

「友人にそろそろ子供が欲しい事を話したが、共働きで年収が500万円程度である事を指摘されてしまった。
確かに子供を育てるという事は、お金のかかる事なのですが、それでもやはり子供は欲しい。
年収の低い私達が子供が欲しいと思う事は、私達のエゴなのでしょうか?」

そんな感じの相談内容でした。
これに対しての回答も紹介されていましたが、どうも私には納得のいかない内容が多かった。
子育てにはお金はかかりますが、必要以上にお金を掛けている気もします。
回答の中の一つには、小学生で携帯を持つのが当たり前の時代で、DSを持っていなければ友達と話しが合わない。
塾で三者面談するのが当たり前の時代。等と、私には到底納得のいかない回答もありました。

確かにお金は必要ですし、お金がかかる事は事実です。
でも、小学生の内から携帯を持たせなくてはいけないとか、DSを持っていないと友達と遊べないとか、それは単なる親の言い訳でしか無い。
実際、家の息子は小学5年生ですが、携帯はもちろんですが、DSすら持っていません。
では、友達と遊べないか?と言うと、学校から帰ってきたらランドセルをバットとグローブに持ち替えて、再び学校に行って友達と野球をしています。
ゲームは家にWiiがあるので、時々は遊んでいますが、友達と遊ぶのはもっぱら外遊びです。

携帯やDSが無いと友達が出来ないと、勝手に親が思い込んで子供に持たせるのがいけないのだと思います。
子供には与えても与えても、いくら与えてもきりが有りません。
携帯もDSも無くても、子供達は子供達で自由に遊びをするのです。
携帯やDSが無いと遊べないと、勝手に親が買い与えるから、子供は遊び方を知らずに想像力が乏しくなっていくのです。
防犯上や安全性のために、携帯を持たせる場合は別として、基本小学生に携帯は必要ありません。

塾も本当に行かせないとならないのでしょうか?
学校の授業+自主勉強だけでも十分だと私は思います。
「良い学校に行くには塾に行って成績を上げないとダメだ」という意見もあるのは理解します。
でも「良い学校」と思っているのは親であって、子供本人が望んでいる学校でしょうか?
親は有名な高校に受験して欲しいと思っていても、子供は手に職を付けるために、専門学校に行きたいと考えているかも知れません。
塾に通うのが良くないと言っているのでは無く、子供の意思を尊重した上で行かせるべきだと思います。

一流の高校、一流の大学、一流の会社に入ったからと言って、一流の仕事ができるとは限りません。
何でもそうですが、子供が何をやりたいのか。それが一番大事だと思います。
そのために一流大学に行く必要性があれば、親は頑張って仕事してサポートするのみです。
それでも無理ならば、本人がバイトしてでも行くか、違う道を探すかです。

子育てにお金が要るのは事実。
でも、子供がいるからこそ、親は必死になって働けます。
最初から「年収が低いから子供は産めない」と考えていたら、いつまで経っても子供は産めません。
お金が有っても子供は産めません。
お金が出来た頃には、子供を産める年齢を過ぎているかも知れません。

子供が安心して産めない社会である事は確かです。
しかし、全てを世の中のせいにしても仕方有りません。
そんな中でもみんな必死に子育てしているのです。
我が家だって、本当に苦しい中、子育てしています。
生活は苦しくても、子供達の笑顔があれば幸せです。
だから私達は希望が持てるのです。

年収が低いからと言って、子供を諦めるのでは無く、子供を授かって、子供のために頑張る事が大事だと思います。
みんなそうやって命のバトンをリレーして来たのです。
年収の低い者が子供を欲しいと思う事がエゴなのでは無く、自分たちの都合で子供の事を考える事の方がエゴだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
いいご意見ですね〜。
gooの質問箱に載せたいくらいです(^^
Posted by えかきさる at 2010年12月14日 09:50
あっ、えかきさるさん、お久しぶりです(^o^)
何かあまりにも「えっ?」と思える回答内容だったので、思わずつぶやいてしまいました。
お金に余裕があるから子供を産むのじゃ無く、子供が産まれるから頑張って仕事するんですよね。
えかきさるさんの坊ちゃんはだいぶワンパクになったでしょうね。
またお会いする日を楽しみにしています(^o^)
Posted by island at 2010年12月14日 14:12
islandさんの書かれているように
子供が、いるからこそ、親は頑張るんですよね(^^)

少しのお金と、たっぷりの愛情で、子供は、親が思っている以上に、育っていくのですから・・

そうそう・こんな事あったんです・・

学校で、使う、ピアニカ
次男が小学一年の時に、購入しなくては、いけなかったのですが・・
お金を用意していたら
長男が(小4)「僕が持っているから、買わなくていいよ・・」と言うのです・・
確か、5年生になったら、授業でピアニカ使わなくなるから・・勿体無いと・・

別に、そんなに高い物では、なかったのです長男の気持ちを尊重しました。

その日から、兄弟は、音楽の授業のたびに、お互いの教室を行き来して節約してくれたんですよ・・

お金の有り難さを子供に日頃教えていれば、
子供なりに、色々考えて生活してくれるようになるのでは??ないでしょうか・・・

この息子達は、今でも、一つの物を、貸し借りして使う事が、よくあります・・
Posted by そら☆ at 2010年12月14日 17:22
そら☆さん、素晴らしい息子さん達ですね。
「勿体無いから」と自分のピアニカを貸すお兄ちゃんも偉いし、新しい物をねだらずに、お兄ちゃんのお下がりを使う次男君も素晴らしいです。
日頃からお金の大切さ、物を大事にする心を教えていれば、子供なりにしっかりと考えてくれるのでしょうね。
やはりそら☆さんの言う通り、少しのお金とたっぷりの愛情があれば、子供は育ってくれると思います。
Posted by island at 2010年12月14日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550050
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック