2010年12月04日

北へ帰る

4日間の日程を終えて、北海道の御両親が帰って行きました。
本日は空港までお見送りです。

子供達にとっては、夢のような4日間だったと思います。
特に長女は、ずっとおばあちゃんと一緒でした。
寝るのもお風呂もおばあちゃんと一緒。
長女にとっては楽しい想い出になった事と思います。

息子は学校ですので、日中は居りませんでしたが、それでも楽しかったようです。
特に以前から欲しがっていた金属バットを、おじいちゃんに買ってもらいルンルンでした。
来週から、また放課後は野球三昧になるのでしょう(笑)

残念だったのは、水曜日の晩に息子が熱を出し、剣道の稽古に行けなかった事。
稽古を見学するのを楽しみにしていたので残念でした。
その分、明日の試合で頑張ってもらいましょう。

今日は空港へ送って行った帰りに、時間があったので鶴見緑地公園に寄って帰りました。
二十年程前に、「大阪花の博覧会」があった場所です。
私も当時、奄美の両親を連れて行きました。
今は公園ですが、「咲くやこの花館」というメイン会場が残されています。

大きな温室になっている「咲くやこの花館」には、熱帯植物や高山植物など、日頃は目にする事のない、珍しい植物が沢山ありました。
亜熱帯植物には、ガジュマルやアダン、ヒカゲヘゴ等、私の故郷にある植物が生い茂り、まるで里帰りしたような気分になりました。
時間があれば、「子どもの国」という遊具のあるスペースで、子供達を遊ばせようかと思いましたが、夕方の剣道に稽古の時間があったので、今日は咲くやこの花館だけ観て帰りました。

4日間の短い間でしたが、子供達はおじいちゃんおばあちゃんと楽しい時間を過ごせたと思います。
次女はまだまだ解りませんが、まだ人見知りしていなかったので、おじいちゃんおばあちゃんに抱っこされて良かったです。
写真も撮れたので、良い想い出になりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550040
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック