2010年10月10日

子供会の秋祭り

東京行の疲れが取れないまま、今日は子供達の秋祭りがありました。
町内の子供会で、毎年、神輿を引いて町内を回るのです。
昨年は、息子に付いて長女も行きましたが、まだ子供会に入れる年齢では無かったので、一緒に後ろを付いて歩いただけでした。
そして、最後に子供達にお菓子が配られるのですが、当然子供会に入っていない長女にはありません。
それで昨年は大泣きして、騒ぐ長女を抱えて家に帰った記憶があります(笑)

そんな事も有り、また年齢も子供会に入れる年齢になった事も有り、今年は長女も秋祭りに参加です。
次女はまだまだ無理なので、ベビーカーをお母さんに押してもらっての参加。
長女はお兄ちゃんとお揃いの、ハッピ姿になってお神輿を引いて回りました。
途中、何度も小雨が降り、お天気を気にしながらの秋祭りとなりました。
本来ならば、小学校まで行って、長い時間をかけて回ってくるのですが、今年は雨模様なので行程を短縮して終りました。

帰ってきた頃には、すっかり雨も上がり、明るくなって来ました。
そしてお待ちかねのお菓子の配布です。
昨年貰えなったお菓子をもらって超ご機嫌の長女(笑)

神輿の解体作業があったので、それを手伝って長女の元に戻ってみると、隣のお姉ちゃんと道端に座り込んで、もうお菓子を食べていました(^^;)
余程嬉しいのか、二人で楽しそうに話しをしながら、お菓子を食べています。
お神輿を引いて回るのよりも、後のお菓子が楽しみだったのでしょうね。

年々、子供会の子供の数が減ってきていて、参加人数も少なくなっています。
子供の数そのものが減っているのは確かですが、子供会に参加しない家庭もいるのです。
確かに子供会に参加する事によって、親は役をしたり奉仕作業をしたり、行事をしたりと大変です。
でも、その事が子供達のためになり、強いては町内の絆を強くすると私は思います。

昔は町内の活動に参加するのは当然のことで、町民・村民が一体となって頑張っていたと思います。
最近は何かと言うと「得か損か」で物事を判断している気がしてなりません。
町内会に活動に参加しても、何も得にはなりません。
しかし、それが町内の絆を強め、よりよい町作りになると思います。
子供会はその先駆けだと思うのですよね。

最後は難しい話しになってしまいました。
今一つのお天気でしたが、中止になることなく、無事秋祭りを楽しめた我が家でした。

【町内を皆で力を合わせて回ります】
101010-1.jpg

【ハッピ姿のちびっ子達】
101010-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549983
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック