2010年10月09日

帰ってきました

東京から帰ってきました。
疲れました〜でも、心地よい疲れです。

今日は朝から、皇居〜靖国神社を歩いて回りました。
あいにくの雨模様でしたが、逆に雨で皇居内の緑が映えて美しかったです。
私は初めての皇居〜靖国神社でしたので、ガイドをお願いしました(笑)
ネットでお友達になった「春眠さん」にお願いして、一日お付き合い頂きました。
春眠さん、改めて。
「本当にお世話になりました。ありがとうございました。」

皇居では三の丸尚蔵館を見学しました。
「皇居の文庫(ふみくら)」という特別展が開催されていたので、拝観しました。
貴重な公文書や考古品等が展示されていて、改めて日本の歴史の古さ、さらに文化の素晴らしさを感じました。
百人一首の書や竹取物語の絵、さらには幕末の薩長同盟の書に、坂本龍馬が証明として書いた裏書等、とても貴重な物を拝見しました。

その後、二の丸庭園を見て歩きました。
春にはツツジ等の花が咲き誇り、それはそれは美しいとの事。
今は時期的に花はありませんでしたが、美しい日本庭園を見て回りました。
池の中に鯉がいたのですが、何か普通の鯉と雰囲気が違う。
やたらとヒレがヒラヒラしているのです。
まるで天女のように、泳ぐ姿が優雅でした。
やはり皇居の鯉は普通の鯉とは違うのですね。

101009-1.jpg

天守閣跡を見て、日本武道館を通り越す頃にはもうお昼。
九段会館でお昼を食べながら、少し休憩しました。

そしていよいよ靖国神社へ。
数年前までは「靖国神社=総理の参拝問題」くらいにしか考えていなかった。
しかし、いろいろと情報を得て行く内に、日本人なら一度は参拝しないといけないと思うようになりました。
幕末から明治維新、日清戦争・日露戦争を経て大東亜戦争、激動の世界情勢の中で日本が生き残ってきたのも、数々の戦いで命をかけて下さった英霊の方々のお陰です。

一の鳥居にたどり着いた時「やっと来る事ができた」という思いで胸がいっぱいになりました。
二の鳥居をくぐってようやく、靖国神社が目の前に。
それまでは何となくドキドキ・ワクワクしていましたが、妙に心が落ち着き安堵感にも似た不思議な気持ちになりました。
静かに手を合わせ、英霊の方々へ感謝の念と、今の日本の現状を詫び、これからも見守って下さいとお願いしました。
雨にしっとりと濡れた靖国神社、悲しみの雨では無く、心潤す雨に感じました。

101009-2.jpg

参拝後は遊就館へ。
ここは戦争での遺品や遺書、様々な資料が物凄い量で展示されています。
正直、全ての物に目を通して行くと、丸々一日はかかりそうな量です。
幕末から大東亜戦争まで、世界情勢と照らし合わせながら、本当に詳細に展示されています。
ここにくれば現代史がいっぱつで解ります。
学校で歴史の授業をするより、ここに子供達を連れてきて回らせる方が、よほど勉強になるでしょう。

大東亜戦争末期の特攻隊の遺書には、思わず目頭が熱くなり、花嫁人形が目に入った時には、もう胸が締めつけられる思いで涙がこぼれそうでした。

【花嫁人形】
特攻隊等で戦陣に倒れた英霊は、多くが独身男性のため、御遺族より「せめて花嫁人形を」と奉納されています。

壁一面に飾られた遺影、物凄い人数です。それでもまだ、遺影のある一部の方です。
実際は何十倍もの英霊の方々が日本を守って下さったのです。
そう思うと、先人達から「日本をよろしく頼む」と言われているような気がして、気が引き締まる思いでした。

101009-3.jpg

展示されていたゼロ戦(零式艦上戦闘機)を見るて、「日本を守らなければ」という気持ちがさらに強くなりました。
私達の国、日本を、まさに命をかけて守って下さった英霊の方々。
命をかけなくても、私達はほんの少し心を切り替えるだけで、日本を守る事ができるのです。
靖国神社を参拝して、改めてそう思いました。

一泊二日の東京。
会いたい方々も、沢山いますので、また機会があれば行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こちらこそ、ガイドに任命してくださって(笑)、身近ゆえにいつでも行けると思って行かなかったところを今回観る事ができて、良い経験をさせていただきました。
デザイナーであるアイランドさんは、やはり感性が鋭く、目の付け所が違います。色々勉強になりました。

もっと歴史を学ばなければ、行動も積み重ねてゆかねば、と改めて思わされた一日でした。
Posted by 春眠 at 2010年10月11日 06:58
春眠さん、本当にお世話になりました。
疲れませんでしたか?
今回行きたかった皇居と靖国神社を、効率的に回れて本当に助かりました。
私ももっともっと勉強します。
お互いに頑張りましょうね。
またお会い出来る日を楽しみにしています。
Posted by island at 2010年10月11日 08:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック