2010年09月27日

中国とは手を切るべき

本当に情けないですね。
自国の領海を侵犯され、おまけに船までぶつけられておきながら、中国の圧力に簡単に屈した日本政府。
こちらが被害者でありながら、中国から謝罪と賠償を求められると言う、まさにヤクザのやり方。
船長を釈放しても、中国で身柄を拘束されたフジタ社員は解放されていません。
中国にとっては賠償金を奪い取るための、大切な人質となっているのです。

そもそもフジタの社員も、旧日本軍兵器の後始末調査(本当は日本が破棄したのでは無いが)のために、中国の要請で出向いています。
今回の尖閣諸島問題の報復としか言い様がありません。
今後、中国との関係が悪化すれば、中国国内に住んでいる日本人は、明らかに身の危険が迫ります。
日本政府がやるべき事は、すぐにでも中国から日本人を戻す事です。

そして中国に進出している日本企業は、中国から別の国へ移行するか、日本国内に戻すか真剣に考えなくてはいけません。
今後、中国はますます威圧的な外交態度で迫って来ます。
それに負けてこちらが引けば、さらにまた威圧的になります。
こちらが引かなければ、第2のフジタ社員が出てくるでしょう。
理由などは中国が勝手に付けるのです。
そんな国なのです。

私達の回りには、今メイド・イン・チャイナが溢れています。
安い賃金で大量に物を作れるという事から、多くの企業が中国に進出もしくは提携しています。
しかし、中国の賃金も上昇の一途を辿り、中国から他の国へ移行する企業も増えています。
私達の回りに溢れるメイド・イン・チャイナ製品。
日本の企業が中国で生産していたとしても、やはり品質は落ちていると思います。

中国から日本企業が撤退すると、日本は困るような印象がありますが、実際はさほど困る事は無いと思います。
他の国に移行するか、日本国内での事業を徹底すれば良いのです。
日本国内では「仕事が無い」と言っているのですから、仕事を増やす意味でも日本国内に戻しましょう。
そのために国はバックアップをするべきです。
中国から日本企業が撤退して、困るのは中国なのです。

戦後、私達日本人は「戦争をした悪い国」と教え込まれ、自衛隊を悪者だと思い込まされ、どんどん軍縮していきました。
軍を持つ事は悪い事だと思い込み、武器は全てアメリカから買わされました。
しかし、その精密部品は殆どが日本製です。
自分たちの技術で自分たちで武器を作れば、どれだけ安価で高品質の物が出来るでしょう。
武器開発、製造が出来れば、新たな産業が出来るのです。

バブル崩壊後、日本の経済は悪化の一途を辿っていますが、その中でも日本人は頑張っています。
追い込まれれば追い込まれる程、日本人は力を発揮し、その技術力を高めています。
ところが「日本は経済もダメになった」「これからは中国の時代」等と、勝手に中国をもてはやした結果が今回の事件です。
日本はダメでは無いのです。日本がダメになったら本当は世界が困るのです。
そのことを私達日本人はちゃんと意識して誇りを持たなくてはいけません。
中国の脅しに屈して、中国の言いなりになっていけば、いずれ中国の属国となり日本は消滅してしまいます。

政治レベルでも民間レベルでも、中国に足元を見られている感じですが、裏を返せばチャンスなのです。
相手から手を切るための材料を持ちかけて来ているのですから、切れる所からどんどん切っていきましょう。
そうなるとはたして困るのはどちらか。
私達はいつまでも弱い気持ちではいけません。
私達が思っている以上に、日本は、日本人は素晴らしいのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
同感です。
中国製品の不買運動を始めましょう。

「中国は国家」だと思うと大変なことになります。大きな山口組だと思っていれば、間違い無し。
Posted by 巴 at 2010年09月29日 00:26
日本創新党 中国人漁船船長の釈放に抗議する署名のお願い 
http://www.nippon-soushin.jp/information/signature02.html
Posted by 巴 at 2010年09月29日 05:54
私は気分が滅入って、コメントを書く気力も失せていました。
しかし、松原仁議員を中心とする12名の議員が政府に「尖閣諸島に自衛隊を常駐させる」ことを求める、と出ていたので、少し気分も明るくなり、この12名の議員さんに激励と感謝の電話を入れました。

スイス在住の友人に、アイランドさんのHPを紹介しました。今日の記事を読んで、「中国製品の不買運動は主婦の義務です」と彼女も大いに賛同していました。
経済界の方々も国を愛する心があるなら、安易に中国に出て行かないはずですよね。でも、日本の税制も問題のようで、税金の安い国に移転するのも仕方ないかも。だから、国の税制も改めて、税金はできるだけ安く、無駄を省けばいいことです。
日本製品を買うぞーっ!
Posted by 春眠 at 2010年09月29日 09:03
巴さん、はじめまして。
「大きな山口組」に、大いに笑わせていただきました。
とても分かりやすい優れたユーモアです。
Posted by 春眠 at 2010年09月29日 09:06
巴さん、はじめまして。
中国製品、我が家では数年前からなるべく日本製を買うようにしています。
さすがに全ての物は難しいですが、食品は絶対に買いません。
中国は国家だと思わない事が大切ですね。
大きな山口組、まさしくヤクザ国家ですね。
日本創新党の署名の案内ありがとうございます。
みんなで抗議の声をあげましょう。

春眠さん、いつもなら反応する春眠さんが登場しないので、滅入っているのかなと思っていましたが、やはりそうでしたか。
私も本当に情けなくて悔しくて、怒りをブログでぶちまけていました。

しかし今回の事件は、有る意味チャンスだと思います。
毒ギョウザ事件からフリーチベット、そして北京五輪の長野聖火リレー事件と、中国に対して不信感を抱いていた日本国民に、改めて自らの横柄さを暴露しました。
そして、日本の事よりも中国に気を使う民主党・菅政権の危うい政権能力。
日本人の危機感が一気に高まったと思います。

これまでは「このままでは中国の属国になる」と言っても「まさか」と失笑していた人も、今回の事件で危機感を持った事でしょう。
ピンチの裏にはチャンス有り、これを機に日本人の平和ボケを目覚めさせましょう。

松原仁議員の声明には、嬉しさ半分疑問半分です。
民主党の中にいて批判をしても、結果的には保身に見えてしまいます。
松原仁議員がどこまで本気かは、今後の動き方を注視する必要があると思います。

とにもかくにも、私達は今回の事件を逆手にとって、日本を強く正しい国に導く起爆剤としたいですね。
お天道様は見ています。正々堂々行きましょう。
Posted by island at 2010年09月29日 10:20
この事件の動機は 何か
この事件は この事件で 解決する。
日本で 労働する中国人問題は 労働問題で
話し合う。戦時中のことも 戦時中のことで話し合う。敗戦後の日本人の暮らしと中国人の暮らし。現代 日本における 情報 知識娯楽 他 中国政府 中国人の様々な考え。
同様に 日本政府 日本人の様々な考え
まだまだ 世界が 仲良くできるのは 難しいですね。
Posted by 村石太マン at 2010年10月01日 21:25
村石太マンさん、はじめまして。
話し合う事は大切ですね。ただ、今の日本の状況、日本政府の状態、そして一党独裁国家の中国、話し合いにならないと思います。
真の友情とは、相手の良きも悪しきも理解した上で、言うべき事は言う、理解すべきところは理解することだと思います。お互いに。
世界が仲良くなるのは、全ての軍事バランスが統一されるか、全ての軍事が無くなるか、どちらかでしょうね。
どちらも難しい事ですが、そこに向けて人類は努力していかなければいけません。
日本一国だけが努力しても、誰も見向きもしません。
憲法9条を高々と謳っても、誰も話しを聞いてはくれません。
まずは日本も強くなり、対等に話し合える状態になってから、話し合うべきですね。
そうでなければ、いつまで経っても土下座外交しかできないでしょう。
Posted by island at 2010年10月02日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549970
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック