2010年09月04日

真ん中の子は社交的!?

今日も暑かったですね〜。
もういったいいつまでこの暑さは続くのでしょうか?
今年の暑さは、明らかに異常ですし、観測以来の最高の暑さのようです。
でも、まだまだ暑さは続くらしく、残暑なんてものではないようです。
今年は秋が来ないで、いきなり冬になりそうな感じですね。

剣道の稽古も、まるでサウナのような体育館の中で行いましたが、子供達も心なしかいつもより元気が無い。
そりゃ〜そうでしょうね。
座って見ているだけの、私達ですら汗が噴き出して来るのに、防具を着けて動き回っているのは、本当に暑いと思います。

このところ、長女はいつも剣道の稽古に付いて来ますが、いつも同じ年代の子と遊んでいます。
今日も着いて早々から、遊び始めました。
ところが、気がつくと体育館の中にいない。
外を見て見ると、いつのまにかすべり台で遊んでいました(^^;)

しばらくすると、同じ年代の子が先に帰ってしまったので、つまらなそうに体育館に戻って来ました。
そして大人しく一人で遊んでいた・・・・と、思ったらまたいつのまにかいない。
再び外を見ると、今度は小学生の女の子、4人くらいのグループの中に入って遊んでいました。
全く知らない女の子達ですが、おそらくここの小学校の女の子達だと思います。

しかし、長女はまるで昔からの知り合いのように、気軽に話しかけ遊んでいる感じでした。
私が呼んでも戻ってきそうにないので、そのまま遊ばせておきました。
結局、その子達が帰るまで、ずっと一緒に遊んでいたようです。

息子が小さい頃は、親にベッタリで知らない子と遊ぶなんて事は、絶対にありませんでした。
しかし、長女は全く正反対で、気がつくと知らない子と遊んでいます。
時には、その親に話しかけ、全く知らない人の輪の中に、自然と溶け込んでいる事も珍しくありません。
いったいこの差は何なんでしょうね。
本当に社交的です。

先日は、私が稽古に行けなくて、嫁さんが連れて行った時に、運動場で野球の練習をしていたようです。
その練習に来ていた、同じ年代くらいの子と、またまた遊んでいたらしく、気がつくとその子のお母さんからアイスを御馳走になっていたとか(^^;)
家でも気がつくといなくなっていて、お隣の家にお邪魔していたりする事が多々あります。
お隣のおばちゃんも、孫がいないので、孫感覚のようで「いつでもおいでね〜」と声をかけてくれるので、長女は本当にお邪魔しています(^^;)

内気で人見知りするよりは、社交的な方が良いのですが、あまりに社交的過ぎて、親としてはちょっと面食らってしまいます。
「真ん中の子は、気ままで自由だ」と、よく聞きますが、まさしく長女はそんな感じです。
「社交的になるな」とは言えないので、せめて礼儀正しく「お邪魔しました」「ありがとうございました」が言えるように、これから躾けたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549945
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック