2010年07月29日

犯罪者に人権は要らない

今日はちょっと重たい話題を。
体重が・・・・・。
あっいえ、重い違いでした(^^;)
話の内容が重いという事で・・・。

以前、「なんで続投」というタイトルで、民主党の千葉法務大臣が選挙で落選したのに、そのまま法務大臣を続投する事が問題として書きました。
その後、結局民間人として法務大臣を続けるようですが、どう考えても納得できませんよね。
現職の大臣として選挙を戦った結果、民意によって通らなかったのですから、当然大臣の職を辞するのが筋です。

昨年の総選挙後に法務大臣に就任してから、約1年間、法務大臣の職務である「死刑執行」を行わずに来ていました。
この千葉法務大臣は、元々死刑廃止を唱えている人です。
そんな人が法務大臣に就任する事自体、本当はおかしいと思います。
死刑廃止論者ですから、当然死刑執行をしようとしません。
その状態で、ずっと死刑執行無しでこれまで来ました。

ところが、先日2名の死刑執行に署名をして、死刑執行を行ったそうです。
これには正直ビックリでした。
だって死刑廃止論者でしょう。自分の信念として死刑執行を行わずに来たハズなのに、突然手のひらを返したように、突然の死刑執行を行いました。
死刑反対なら、最後までその信念を貫くべきです。
そうではなく、反対だが大臣としての職務を優先したと言うのであれば、今の時期になって執行するのはおかしいです。
もっと早い段階から、大臣としての責任を果たしておくべきです。

どうも、この突然の死刑執行には、大臣の責任というよりも、外部からの批判をかわすために行った気がしてなりません。
国会議員では無いので、攻められると弱い。民主党も議員では無いので守ってはくれない。
死刑執行の職務放棄を攻められる事が解っていたので、突然の執行に及んだのではないでしょうか。
結局は保身のために死刑執行を利用したような感が否めません。
死刑囚とは言え、人の命を自分の都合のために使うのはやめて頂きたい。
非常に憤りを感じます。

死刑制度に関しては、死刑反対・賛成両方の意見があると思います。
私も本来であれば、死刑なんて無くなった方が良いと思いますが、それはあくまでも理想論です。
人様の命を奪っておいて、自分だけは生き延びたいと考える事自体が、本当に許されない事です。
残された被害者の遺族の方々の気持ちになれば、加害者が死刑になってようやく心に、一つの区切りが出来るのだと思います。

誰だって自分の命はおしい。
死刑制度を廃止にしたら、「絶対に死なない」という変な安心感を犯罪者に与えてしまう気がします。
やはり死刑になるのは誰だって怖い。その意味でも犯罪の抑止力にはなると思います。
ただ、最近は「死刑になりたい」「どうせ死ぬのだから誰かを巻き沿いに」といった、自暴自棄的な犯罪も目立ちます。
この手の犯罪者には死刑は逆効果なのかも知れません。

死刑制度はとても難しい課題だと思います。
でも、私は今の段階で、無条件で廃止は絶対にしてはいけないと思います。
仮に廃止にするのなら、遺族の「あだ討ち」を認める事にしてほしい。
犯罪者がやった事を、同じ恐怖を自身の身をもって受けるべきです。
自分が何をやったのか、身体で解らせるべきだと思います。

しかし、これも難しい事は明白です。
遺族は何せ憎悪が爆発寸前ですから、本当に犯罪者を殺めてしまうかも知れません。
それに遺族がこれで心が晴れる事は絶対にないので、逆に心の傷を深めてしまう可能性もある。
だから、今の死刑は遺族にとっては、唯一の「あだ討ち」なのだと思います。
この「あだ討ち」を取り上げられてしまったら、遺族は本当に泣き寝入りするだけです。
そして加害者は身の安全を保障され、生き続ける事が出来るのです。

やはり私は今の段階での死刑廃止には絶対に反対です。
難しい問題ですが、皆さんはどう思われますか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549906
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック