2010年06月27日

夏休みとラジオ体操

あ、あ暑い・・・・。
溶けてしまいそうです(@@;)

一気に暑さがやって来ました。
今月頭くらいまで、「肌寒いなぁ〜」なんて言っていましたが、やはり夏は暑いです(笑)
しかし、奈良盆地の暑さは、暑いだけじゃない。
蒸暑いのです。
昨日、今日ととても湿度が高く、蒸し蒸しとした暑さでした。

もうすぐ6月も終りですので、あとひと月もしない内に、息子は夏休みに入るんですよね。
もう今年も半分が終ってしまうのです。何という早さ(@@;)

私が子供の頃は、夏休みは毎朝「ラジオ体操」で目覚めました。
一学期の修了式と同時に、夏休みの宿題と共に「ラジオ体操カード」が配られました。
そのラジオ体操カードを、毎朝首にぶら下げて、近くの広場までラジオ体操に行きました。
ラジオ体操が終ると、高学年のお兄ちゃん・お姉ちゃんがカードにハンコを捺してくれたんですよね。
そして自分が高学年になると、ハンコを捺す係をやったもんです。

毎朝、ラジオ体操の前に町内の放送にスイッチが入り、ラジオの音声が村中に響き渡りました。
その音で目覚め、急いで準備をして、ラジオ体操の歌を聞きながら広場に向かったものです。
今でもそのラジオ体操の歌が耳に残っています。

♪あ〜た〜らしい朝が来た〜希望の〜朝だ〜喜びに〜胸を広げ〜大空〜あおげ〜♪
懐かしいですね〜(^^)

毎朝ラジオ体操があったので、必ず朝6時半前には起きていたのです。
そう考えると、とても健康的で、リズムのある生活の始まりだったのですね。
長い夏休みで、どうしても生活のリズムは狂いがちです。
でも、朝は必ず早起きでした。

しかし、今は私の故郷でも、ラジオ体操をやっていないようです。
もちろん、こちらでもやっていません。
一応やっている事はやっているのですが、40日間の夏休みの間に、僅か1週間程度です。
なぜやらなくなったのでしょう?
とても良い事だと思うんですけどね。

話は飛びますが、学校でもラジオ体操を教えていないようなんですよね。
私が子供の頃は、準備体操と言えばラジオ体操でした。
ところが、息子の学校では運動会の前に準備体操をする時は、ラジオ体操ではありません。
何やら聞いた事の無い音楽に合わせて、独自の準備体操をします。
これが伝統的なものなのか?それは私がよそ者であるので不明です。

一つ言える事は、ラジオ体操がどんどん馴染みの無いものになっていると言う事です。
昔はラジオ体操は、子供から年寄りまで、皆が出来る体操でした。
第一から第二まで、自然と身体が覚えて体操できていました。
今の子供ってラジオ体操知らない子が多いのではないでしょうか?

私もすっかりラジオ体操忘れています。
運動不足もあるので、家族で早起きしてラジオ体操でもしようかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549877
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック