2010年06月21日

また一つ増えました(笑)

本日は一年の中で、一番陽が長い日です。
そんな44年前の夏至の日に産まれました。
毎年毎年「え〜もうそんな年齢になってしまったのか!?」と思うのですが、今年も同様に感じましたね(^^;)
40代に突入したのが信じられなかったのが、ほん最近のような気がしていたのに・・・・。

長女は朝からしきりに「今日、お父さんお誕生日?」と聞いて来ました。
私が「そうだよ」と答えると「お祝いするの?」と笑顔で聞き返し。
長女の魂胆はわかっていました。
頭の中で「お誕生日×お祝い=ケーキが食べれる」という方程式ができ上がっているのです。

そして案の定、昼間にお母さんに「ケーキが食べたい!!」と告白したようです(笑)
子供達の誕生日であれば、ケーキを予約しているところですが、自分の誕生日なので何も考えていません。
でも、子供達は私の誕生日を理由に、ケーキを食べたいのは明白です。
そこで、夕方にショートケーキを買いに行きました。

お風呂を済ませて、晩ご飯を食べて、ショートケーキでささやかながらお祝いして頂きました。
さすがにこの歳になると、自分の誕生日なんて半ばどうでも良いのですが、家族がいると家族のためにお祝いする感じですね。
それでもケーキを美味しそうに頬張る子供達を見ていると、例えケーキ目当てでも、一緒に誕生日をお祝いできるのは幸せだと思います。

子供の頃は親に祝ってもらい、大人になると友人や恋人に祝ってもらう。
そして家族が出来ると、家族で一緒に祝う。
誕生日って幾つになっても祝うものなんですね。

毎年自分の年齢に「え〜もうそんなになってしまったのか」と、若干ショックを受けますが(笑)
でも年を重ねると言う事は、それだけ人生の年輪を刻む事ですので、また一つ経験を重ねたと考えたいと思います。
後は、その経験をより有意義なものにする努力と、さらなる経験を重ねる努力が必要ですね。

毎年重ねる年齢と、自分のこれまでの生き方を振り返って、反省するばかりです。
今年もやはり一年を振り返ってみて、反省することばかりのような気がします。
新たに年を重ねましたので、44の一年が有意義で中身のある年輪を刻めるように頑張りたいと思います。

ネットを通じて、多くの方にお祝いメッセージを頂戴しました。
誠にありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お誕生日、おめでとうございます☆

私も子供みたいで、誕生日にかこつけてケーキを食べるのが楽しみです。
私はislandさんより一回り上ですが、若い頃この年の人って凄く年寄りに思ったものです。あるいは立派な大人?
でも、自分がその年になってみると・・・反省いっぱい。

ところで、友人からのメールで、ハヤブサの偉業をマスコミはスルーで、地球帰還の実況放送は全くなかったそうですね。NHKなどは、5チャンネルも持っているのにやはり全くなし。中継をしたユーチューブは逆にパンク寸前だったとか。日本人の快挙を喜ばない人々がマスコミを牛耳っている、と。またハヤブサの快挙を持ち上げると、事業仕分けの民主党を不利にさせるから、自粛したのだとも。
とにかく、情けないし、許せないですね。
Posted by 春眠 at 2010年06月22日 10:19
春眠さん、お祝いメッセージありがとうございます。
自分がその年齢になってみると、イメージしていた大人と今の自分に大きなギャップを感じますよね。
これって幾つになってもそうなんでしょうね。
でもそこで反省できるかが大きな違いだと思います。

ハヤブサの偉業は、本当に見事なまでにスルーだったようですね。
全くもって信じられません。
日本人の快挙を喜ばない人々が、マスコミや政界を牛耳っている事が明白です。
事業仕分けで大活躍したレンホウ氏は、アッサリと手のひら返しで予算の見直しを示唆。
バカにするのもいい加減にしろ!!って言いたいですよ。
そしてこんなマスコミや偽日本人に騙される事が情けないです。
民主党は、またまた菅総理でイメージアップCMを流し始めました。
去年の夏と全く同じ手口です。また詐欺をやるつもりですね。
悲しいけど、これに騙されてしまう国民がいるのでしょうね。
Posted by island at 2010年06月22日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549871
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック