2010年06月18日

1ヶ月が経ちました

次女が産まれて1ヶ月が経ちました。
速いものですね〜。まだまだ産まれたばかりのような体形ですが、日々成長している気がします。
最近は目をぱちくりと開けて、じ〜っと何かを見つめています。
私の抱っこにもだいぶ慣れて、歌を歌ってあげると泣き止む事も多いです。
でも、最終的にはお母さんのおっぱいが無いとダメですけどね(笑)

赤ちゃんってどうしてこんなに癒されるのでしょうか?
どんなにイライラする事があっても、嫌な事があっても、赤ちゃんを抱っこして顔を見ていると、自然と顔が緩んできます。
時々、理由も無くニタ〜っと笑う時があるのですが、その笑顔を見た時は、こっちまで笑顔になっています。

寸前まで息子や長女を叱り飛ばしていても、赤ちゃんの笑顔を見た瞬間に、一瞬で笑顔になってしまうから不思議です。
赤ちゃんは神様からの贈り物と、よく言われますが、本当にその通りだと思います。

産まれた時は、長女に似ていましたが、最近は息子が産まれた時の雰囲気と似ています。
女の子なのですが、何か凛々しさを感じる時があります。
顔立ちが何となく男っぽい感じです(笑)
赤ちゃんの間は、コロコロと顔が変るので、また顔変わりすると思うのですが・・・。

話は戻りますが、赤ちゃんが泣いている時に、私が抱っこして出来る事は歌を歌ってあげる事です。
お母さんにはおっぱいという最強の武器がありますが、父親である私には何も武器がありません。
そこで歌を歌ってあげると、泣き止む事が結構あるのです。

最初は偶然かと思っていましたが、結構歌ってあげると泣き止む事が多い。
上手い下手は別にして、やはり赤ちゃんって音楽に反応するのかも知れませんね。
そしてこれも私の思い込みかも知れませんが、気持ちを込めて歌うと、意外と泣き止む気がしています。
よく歌うのは、「七つの子」「大きな古時計」「さんぽ(となりのトトロ)」等ですが、歌の状況を思い浮かべながら歌っていると、自然と泣き止み眠りに入る事もあります。
これって歌を通して赤ちゃんに気持ちが伝わっているのでは・・・と、勝手に思っています。

単なる親ばかの思い込みだとは思いますが、私自身も泣いている赤ちゃんを、無言で抱くよりは、何か歌っている方が落ち着くんですよね。
だから、私の心が落ち着く事で、赤ちゃんもそれを敏感に感じ取っているのかも知れませんね。

最近は私が歌っていると、長女も側にやってきて、一緒に歌ってくれたりします(笑)
2〜3年後には一緒になってお姉ちゃんと歌ったりするんでしょうね。
どんな姉妹になるのか。楽しみ半分、不安半分ってところです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549868
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック