2010年05月24日

鳩山総理の功績

政治の事をつぶやくと、ついつい腹が立ってしまうので、控えたいのですが、あまりにも酷過ぎて言いたくなります。
私のような政治や経済にずぶの素人でも、あまりにも今の鳩山・民主党政権はおかし過ぎます。
さすがにマスコミも擁護しきれなくなってきたようで、最近は鳩山総理の事をぼろくそに批判する人も増えて来ました。

「もっと早くから気付よ!!」って言いたい気分ですが、やはり痛い目に合わないと解らないのでしょうね。
私は昨年の衆議院解散総選挙前から、民主党のおかしな点、そしてマスコミのおかしい事をつぶやいていました。
私は政権交代は望みませんでしたが、日本国民の総意として政権交代を選んだ事は事実です。

きっと多くの人が「これで新しい政治が始まる」と期待したのでしょう。
ところが実際は、新しい政治どころか、政治家として何も出来ない、何も決める事もできない。
そんな無能な人が総理大臣になってしまった事を、国民が理解する事になりました。

鳩山政権が誕生してから、口では高い理想を掲げ、誇らしげに演説していましたが、どんどんボロが出てきて、言った言葉の責任も取れず、もう本当に無茶苦茶な状態になっています。
普天間基地移設問題も、政治とカネの問題も、八ッ場ダムの問題も、高速道路の問題も、今大変な状態になっている口蹄疫の問題も、何一つとして解決せず、むしろ混乱を招いて事態を悪化させています。

こんな無能政権今まであったでしょうか?
やはりこの鳩山総理大臣は、歴代総理の中で、一番最低・最悪の総理として名を残すでしょう。
私は何度もつぶやいていますが、やはりこの人は精神的な病気だと思います。
自分の言っている事とやっている事の違いが理解できていないのでしょう。
普通の精神の持ち主なら、とっくに辞任しています。
とてもじゃないが、こんな無茶苦茶な状態を招いていて、総理の座に座り続ける事は出来ません。

出来るとしたら、本当に肝が据わった人間か、精神的に病んでいる人間です。
やっぱり鳩山総理は精神的に問題があるのではないでしょうか?
きっと5月末になったら、また何か言い訳をして、責任を取らずにひょうひょうとしているのでしょう。

本当にこの鳩山政権のお陰で、沢山の国益を失い、信用を失い、そして今、宮崎県の家畜を失っています。
単なる牛や豚では無く、宮崎県が培ってきた財産を失っているのです。
鳩山総理には、そんな意識はきっとどこにも無いでしょう。

とんでもなくどうしようもない鳩山政権ですが、私は一つだけ良かったと思える点があります。
それは、これだけ無茶苦茶でいい加減な鳩山総理大臣だから、国民が本当に心配になってきているのではないかと思います。
「日本はこのままで良いのだろうか?」「こんな人が総理大臣を続けていて良いんだろうか?」
そんな気持ちが広がっていると思います。
政治に興味を示す人が増えてきている事でしょう。

さらに言えば、普天基地移設問題で、多くの国民が「防衛とは?」という意識を持ったのではないでしょうか?
今までは防衛と言う事について、真剣に考えた事がなかったのが、この問題で真剣に考えた人が多いと思います。
本当にアメリカ軍を追い出して、それで今までのままでいられるのか?
有事の際、だれが守ってくれるのか?
そんな危機感を抱いた人は多い事でしょう。

人は危機的な状況になると、瞬間に現実を見据えて守りに入ります。
今回の鳩山総理の最大の功績は、日本国民に危機的状況を作り出し、不安をかき立てた事でしょう。
「このままではいけない」「国民がしっかりしなければ」
そう感じた人は多い事でしょう。

私たちの日本は、私たち日本人の手で守るべきなのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
某国がきな臭くなってきている昨今、今の政権で大丈夫なんか?と本気で心配のぢるです・・・

気が付いたら、なんか巻き込まれてたとか、ぜーったいにイヤ!
Posted by ぢる at 2010年05月26日 15:22
ぢるさん、本当にアジア情勢は危機です。
中国は虎視眈々と台湾を、そして日本を取込もうとしています。
それは何も武力だけによるものではありません。
今の日本はメディアも国会議員も、経済界も中国に牛耳られていると考えても、大げさではないと思います。
私たち国民が目覚め、そしてその和を広げる事が、国を護る事になると思います。
Posted by island at 2010年05月26日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549842
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック