2010年05月11日

iPadの可能性

日本でもiPadの予約が開始されましたね。
アップルストアに予約で並ぶ人もいたようで、思わず「何で予約なのに並ぶの?」って思いましたが、アップルユーザーの私としては、気持ち解らないでも無いです(^^;)
私は買う予定はありませんし、買う予算もありませんので、指を加えて見ているだけですが、このiPad日本でどのような旋風を巻き起こすのでしょうか?

実は私がずっと待ち焦がれていたデバイスが、このiPadなのです。
「さっき買う予定は無いって言ってたやろ!!」ってツッコミ入りそうですが(^^;)
いや、本当に待ち焦がれていたのですよ。でも、やっぱり買えない(T_T)

なぜ私が待つ焦がれていたのか?と言うと、持ち歩くデバイスとしては、ノートパソコンは重過ぎるのです。
いつもMacのモニターとにらめっこして仕事をしている私にとっては、ノートパソコンと言う物は、滅多に使う物ではありません。
でも、データを誰かに見せる時や、簡単な作業を外で行いたい時には、やはり持ち運びの出来るノートパソコンが必要になる。
でも、使用頻度としては、本当に少ないのです。

私にとってのノートパソコンは、作業用では無く表示用のデバイスになっていたのです。
そして、もう一つの役割が、奄美や北海道に帰省する際に、デジカメのデータ保存用としてのデバイスになっていました。
いつも帰省する時は、ノートパソコンを抱えて、デジカメで撮った写真をノートパソコンに保存していました。

そんな状況から、作業用としてでは無く、表示用そして保存用のデバイスが欲しかったのです。
しかも軽くて持ち運びのしやすいデバイス。
そんな訳でiPadは私が待ち焦がれていたデバイスな訳です。

でも、まだクリア出来ていない部分がある。
それが、Macで使っているアプリが、そのままiPadで使える事。
これはちょっと厳しいようで、iPadはどちらかと言えば、iPhoneに近い存在。
従って、Macのアプリが使えるようになるのかは、ちょっと厳しいのかも知れません。

私が使いたいのは、こんな使い方ですが、iPadの可能性はもっとあります。
以前もつぶやきましたが、iPadは出版の流れを根底から覆す可能性を秘めています。
数年前にiPodが発売されて、iTunesストアが日本上陸してから、音楽のダウンロード販売が広がったように、出版も電子書籍化が進む可能性が高いです。

ネットでAmazonから本を買うような感覚で、電子書籍をダウンロード購入できる。
ダウンロードした物は、すぐにiPadで読む事が出来るのです。
電子書籍ですから、データがあれば印刷はいらない。
出版に一番お金がかかるのが、この印刷・製本なのです。
このコストが無くなる事で、いままで出版出来なかった物が、電子出版化出来るようになります。

では、紙の本はいずれ無くなるのか?
それは無いと思います。
やはり好きな本や、お気に入りの作品は、きちんとした印刷・製本で残しておきたいものです。
つまり手軽に出来る電子出版と、ちゃんとお金をかけて作る、従来の出版の方法が出来ると思います。
電子出版で人気が出て、その後本の出版になる・・・なんて流れが出てくると思います。
現に「ケータイ小説」なんてものや、2ちゃんねるから生まれた「電車男」なんてのも、デジタルからアナログへの転換です。
もうひとつ言えば、最近はブログが出版化されるケースも多い。
これも、ブログというデジタルで書かれた物が、リクエストが多くて本になる。

すでにもう出版の流れは新しい流れになりつつあります。
しかし、今まではこのコンテンツを表示できるのが、ケータイかパソコンでした。
読むのもブログという状態で読むのが殆どです。
読むと言うよりも、文字を目で追っている感があります。
しかしiPadなら本を読むように、手に持って紙をめくるように、画面をなでてページをめくるのです。
つまり、デジタルとアナログの融合と言えます。

偉そうにつぶやきましたが、これはあくまで私の予想です。
そうはならないかも知れません。でも十分可能性はあると思います。
私も作品集を出したいという夢はありますが、何せ軍資金がありません。
電子書籍なら十分可能です。
買ってくれる人がいるかは別として(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549828
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック