2010年05月02日

今どきの子供達

ゴールデンウィークに入ってから、良いお天気が続いています。
今日も気持ち良い五月晴れでした。

お天気が良ければバーベキューをする予定にしていたので、本日はお昼からバーベキューの準備をしました。
息子のお友達家族と、嫁さんの友人も呼んで、庭でバーベキューを楽しみました。
3時頃から準備を始めて、4時過ぎには食べ始めました。

お天気が良かったので、気温も上がり、そこに加えて火起しをしたので暑い(笑)
その分、冷えたビールがとても美味しかったです(^p^)

大方食べ終ると、バーベキューコンロを残して、後は撤収しました。
次は家の中に入って、飲みながらの座談会です。
嫁さんの友人は午後8時過ぎには帰りましたが、息子の友人家族はゆっくりとしていました。
何せ子供同士で遊ぶのが楽しいので、そう簡単には帰りたがりません(笑)
子供同士は遊びながら、父親同士は黒糖焼酎呑みながら、更けゆく夜を楽しんでいました。

いろんな話をしていましたが、ふと子供達の話になりました。
息子と友達は学校は違いますが、同じ5年生です。
私たちが小学5年生の頃って、気になる子がいたり、噂になっている子がいたりしたものです。
「○○と●●は付き合ってる〜」とか「○○が●●の事、好きだって〜」とか、男女間でそれぞれに異性として見始めていたと思います。

ところが、息子もそうですが、息子の友達も全く女の子に興味が無いようなのです。
私たちも時々、息子に「気になる子とかいないの?」とか「クラスで噂になっている子はいないの?」等と聞く事がありますが、全く無いらしいのです。
そして、これは私が感じている事ですが、授業参観等でクラスの子供達の仕草を見ても、男女という意識が全く感じられない気がします。
これは学童の子供達にも同じ事が言えます。

我が家の息子や友達が、他の年代の子と比べて異性に対する興味が薄いのでは無く、全体的に今の子供達が、異性に対して興味を示すのが遅いのではないだろうか?という話になりました。
しかし、こればかりは、私たち大人と子供とで感じ方が違うので、何とも言えません。
本当は今の子供達も、異性に興味を示しつつも、それをどう表現して良いのか解らないだけかも知れません。

小学5年生くらいになれば、明らかに男女間で身体の発育が異ってきます。
男は骨格が太くなりたくましくなります。
逆に女は胸が膨らみ始め女らしい体形になっていきます。
いやおうにもお互いの違いを認識する年頃になって来る中で、今の子供達は異性への興味をどう表現しているのでしょうか?

私たち親の要らぬ心配であれば良いのですが、ジェンダーフリー等の思想の教育が、今の子供達に影響しているのでは?等と考えてしまいます。
あまりにも男女間での距離が無さ過ぎて、小学1年生の頃のまま小学5年生になっているような感じを受けるのです。

要らぬ心配であれば良いのですが。
自分たちが子供の頃を思い出しながら、息子達を見て、ふと疑問に感じた事でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック