2010年05月01日

大丈夫か上海万博!?

海の向こう側では「上海万博」が始まったようですね。
テレビでは華々しく開会した様子を伝えていました。
お陰で、同時期に開催しているこちらの「平城遷都1300年」は、全く報道されていない気がします(T_T)

今回の上海万博は、中国が国家の威信をかけて行っているため、お金の賭け方は半端ではないようです。
しかし、テレビでは華やかな一面と、その裏側の中国の実態を写していました。
オープンと同時に怪我人が続出したようですね。
何でも我先にと押しかけて、転倒した人が大勢いたようです。

「押さないで下さい」「ちゃんと並んで下さい」とスタッフや警備員が声を張り上げていたようです。
お国柄と言ってしまえばそれまでですが、日本では考えられない状況ですよね。
他にも国から国民に注意を促す文面等も事前に配布されていたとか。
「ちゃんと列に並びましょう」とか「路上でつばを吐くのはやめましょう」とか、凄いのは「洗濯物を道に干すのはやめましょう」なんてのもあるらしい(笑)
何の事だろう?と思っていましたが、上海の住宅はベランダが無い建物が多く、市民は道路頭上に洗濯竿を着き出す形で、洗濯物を干しているため、道路頭上は洗濯物の展示会状態(^^;)
さらにそれだけでは場所が足りないのか、電線に洗濯物を干していた(@o@;)
いやはや、これはさすがに日本人には想像を絶する世界です。

私たちにとっては、一目につくところに洗濯物を干す。ということからして、かなり恥ずかしい事です。
所違えば習慣が違い、文化が違い、民族性の違いが出てくるのでしょうね。
日本には恥じるという気持ちがありますが、中国では恥じていたら生きていけないのでしょう。
良い言い方をすればタフですが、文化的という意味ではちょっと受入れ難いですね。

国家の威信をかけて開催した上海万博。
華やかな一面もある中で、少し角度を変えると、様々な問題が浮き彫りになってきます。
しっかりと土台ができ上がった上での華やかさなら良いのですが、無理やり作りあげた華やかさのような感じがして、今後が怖いですね。
中国共産党もテロを最も警戒しているようですし、何もなければ良いのですが。

まぁ、私は今一つ盛り上がりに欠ける「平城遷都1300年」で、せんとくんに会いに行きたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック