2010年04月22日

ゆれ始めた政界

ついに舛添氏も離党しました。
「総理大臣になってほしい人No1」らしいのですが、私には全く解りません。
いったい舛添氏のどこに、総理大臣としての魅力があるのでしょう?
本人も「自分には人気がある」と思って、自民党内で騒いでいたら居場所を失って出ていくしか選択肢が無くなってしまったのでしょう。

参院選、そして参院選後の政界再編に向けて、様々な人が水面下で動いているように感じます。
次々と新党が出来てきて、自民党からは離党者が続出しそうな雰囲気です。
しかし、民主党も他人事ではありません。
元々民主党内は、政策も理念もバラバラの人間の集合体です。
このまま支持率が低下し続け、参院選で負ければ離党者が出てくる事でしょう。

日本の政治はまもなく戦国時代に突入する事でしょう。
様々な勢力がぶつかり合って、あちこちで争いが起きるでしょう。
小さな党が出来ては、合流して大きくなり、また分裂して・・・と、しばらくは乱世の常態かも知れませんね。

しかし、それは決して悪い事では無いと思います。
厳しい戦いの中から、本当に日本を守る事を考える政治家が結集するチャンスでもあります。
状況が二転三転する政治の中で、その都度コロコロと態度を変えるような政治家は信用できません。
戦国時代の政治は、ブレない信念を持った政治家を見抜くチャンスでもあります。
また、政治家本人にとっても、信念を持って貫き通す覚悟の時代です。

幸か不幸か、鳩山政権のお陰で「政権交代」は単なる絵に描いた餅であった事が照明されました。
この笑えるほど無能で自浄能力の無い総理大臣のお陰で、現状に危機感を抱き、また不信感を増幅させた人は沢山いると思います。
中途半端に仕事をしていれば、なかなか気付けない人もいたかも知れませんが、ここまで見事に無能っぷりを見せてくれると、さすがのマスコミも擁護できなくなりました。

まだまだ多くの国民が、マスコミの偏向報道に気付いていませんが、今回の「政権交代」から実際の政権運営で、いかにマスコミがいい加減か気付いた人も多いでしょう。
そんな点からすれば、鳩山総理は国民に危機感を持たせ、マスコミのいい加減さを気付かせた有能な総理大臣と言えます(笑)

参院選も含め、これから厳しく激しい戦いが繰り広げられる事と思います。
「国民の生活が第一」と謳った民主党は・・・・・国民の生活のために、日本国を破綻させようとしています。
もっともらしい甘い言葉を吐く人間は信用出来ません。
それは政治家も同じです。
私たちの暮らしをどすうるのかでは無く、我が国日本をどう導くのか。
その信念を持つ政治家を応援しなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック