2010年04月19日

神の怒りか!?

アイスランドの火山噴火が止まりませんね。
火山灰の影響を受けて、ヨーロッパでは多くの国が空港閉鎖されたままです。
日本人観光客は足止めをくらったままで、逆に日本からヨーロッパ諸国に帰る人々も、日本の空港で足止めをくらったままの状態です。

これだけの大規模な火山の噴火。
まるで地球が、神様が怒っているような、ニュースの映像を見ていると、そんな印象すら受けます。
遠くアイスランドで起きた大噴火ですが、日本にも大きな影響を与えそうです。
すでに観光客には影響が出ていますが、人が動けないと言う事は、物資も動けないという事で、食料品から医療品まで様々な物が日本に入って来なくなってしまいました。

この影響を受けて、例えばノルウェー産のサーモンが入ってこなくなり、回転寿司等からサーモンが姿を消す事になりそうです。
しかし、この影響は短期間の影響ですが、長期的な影響を考えると、もっと深刻な影響が出る可能性があるそうです。
それは「冷害」が起きる事。
実際に過去に大噴火が起きた数年後には、冷害が発生し、日本でも多くの飢饉に見舞われた事がありました。

今回の大噴火でも数年後に冷害が発生する可能性が高く、その影響により農産物に被害が出る事は避けられないでしょう。
どれくらいの被害になるか、想像もつきませんが、傲慢な人間への神の怒りのような気もします。

何となく皮肉に思ったのが、地球温暖化を叫び、CO2排出権取引をマネー化していたヨーロッパでの今回の被害。
地球温暖化を叫んでいたら、今度は冷害の可能性が出てきた。
何にでも権利にして金に変えようとする、その行為に神様がお仕置きをしたようにすら見えてしまいます。

どれだけ人間が英知を集めて、物凄い技術を持っても、自然の力には全く刃が立ちません。
私たち人間は、自然と対立して生きて行く事は出来ないのです。
自然の中で、自然の力を借りて、自然に感謝して謙虚に生きて行かなければならないと思います。

今回の大噴火、ちょうどGWが始まる前に起きて、GWの海外旅行等に大きな影響を与えそうです。
昨年の今ごろは、ちょうど新型インフルエンザで、同様に海外旅行に大きな影響を与えました。
果たして偶然でしょうか?
これも神様からの何らかのメッセージなのかも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549796
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック