2010年04月13日

北海道帯広市の皆さんへ

突然ですが、北海道帯広市在住の方にお願いです。
4/18(日)に帯広市長選挙が行われると聞いております。
今回は市長選挙ですが、昨年の衆議院選挙の再来的な選挙となっています。

前市議会議長、上野敏郎氏(63)を自民・公明が推薦。
元投資運用会社役員、米沢則寿氏(54)を民主・新党大地が推薦。
そして上野氏の事務所前で第一声には、故中川昭一元財務・金融担当相の妻、郁子さんが応援に駆けつけました。

米沢氏の事務所出陣式には、民主党を離党した石川知裕衆院議員や鈴木宗男・新党大地代表が応援に駆けつけています。
まさしく昨年夏の衆議院選の再来とでも言うべき戦いです。

あの選挙で中川氏は石川氏に破れ、議員のバッチを外す事となり、この世を去りました。
まさしく命がけで戦い敗れ、その後命を落としてしまいました。
その死には未だ謎が残りますが、多くの人が悲しみと悔しさの涙を流したのは間違いありません。

その後、中川氏に勝利した石川氏は何をしたでしょうか?
多大なる功績を残していた中川氏を破って当選したにも関わらず、何一つ結果を残せないどころか、小沢疑惑で逮捕され、民主党を離党しています。
その小沢自身も疑惑が晴れた訳では無く、ますます疑惑は深まっている感があります。
そして民主党は何一つ結果を出せないまま、日本を亡国へと導いています。

そんな民主党並びに石川氏が推薦している米沢氏が、今は優勢だと聞いています。
私には信じられません。
何一つ結果を出せない民主党と、逮捕され責任を果たさず議員のイスにしがみついている石川氏が推薦する候補を、帯広市の住民は受入れるのでしょうか?

市長選はその市の住民が選ぶ選挙です。
しかし、今回の帯広市長選は、応援している人が中川・石川と、昨年の衆議院選の再来です。
敗れて亡くなった中川氏からすれば、まさしく弔い合戦です。
帯広市の皆さんには、衆議院選後の結果をよく考えて投票して頂きたいと思います。

帯広市にとって、本当に必要なのは誰なのか?
そして帯広市だけにとどまらず、日本のために必要なのは誰なのか?
しっかり自分自身の頭で考えて投票をして頂きたいと思います。
政権交代の風に吹かれて、政権交代してみたものの、何も変わらないどころか以前よりも酷い状態になっている事実に目を背けてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549790
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック