2010年04月10日

私は卒業生!?

私が学童の会長を退いてから初めての保護者会が行われました。
先月まで、保護者の前に座って、連絡事項や議題など、様々な話をしていましたが、今日は端っこの方で成り行きを見守っていました。
新会長・新役員にとっては、初めての保護者会。
さらに新一年生の保護者も入ってきているので、お互いにドキドキの保護者会だったと思います。

議題のところで、なかなか話がまとまらない時があったので、その時だけ多少アドバイスしましたが、それ以外は口出しせず見守っていました。
何とか新体制での初めての保護者会も無事終りました。

保護者会が終ってから、残っていた新会長・役員で井戸端会議しましたが、やはり初めてでかなり緊張していたようです。
無理も無いと思います。前回まで会長をしていた私も、毎月の保護者会の前には、議題を見ながら頭でシュミレーションして、スムーズに進行するように努めていましたからね。

慣れない中で、一生懸命に頑張っている新会長や新役員を見て、とても嬉しい思いでした。
学童立上げの時から、私が中心で動き、最初はほぼ私一人で動いていた感がありました。
会長になってからは、役員達と力を合わせて来ましたが、常に私が中心で動いていました。
私が中心から抜ける事を、私自身もまた役員も想像出来ない状態で、新しい体勢に移りました。
まだまだ引き継げていない事が多いので、今回も保護者会にも顔を出しました。
最悪の場合は、私が説明をしないといけないかも。と思いながら見守っていましたが、最後まで一生懸命にやってくれたので、本当に嬉しかったです。

私は組織として、一番大切なのはシステムを引き継ぐ事よりも、気持ちを引き継ぐ事だと思います。
もちろんシステムを引き継ぐ事も、とても大事ですが、学童保育の保護者会のように、100%ボランティアで行う組織は、気持ちの引き継ぎがとても大事だと思います。
だってお金が貰える訳ではないのに、その中で大変な役をかって出て、いろんな事を決めていかなくてはならないのです。
気持ちが前向きにならなければ、絶対に出来ない事です。

しばらくは私も顔を出しますが、その内、私がいなくても問題なく進むようになるでしょう。
今日はまるで、卒業した学校に残した在校生の頑張りを見守っている、卒業生のような感覚でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549787
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック