2010年02月19日

報道と言う名の暴力

バンクーバーオリンピック盛り上がっていますね。
日本のメダルも徐々に出始めています。
男子フィギアでは、高橋選手がついに銅メダルを獲得しました。
それにしても織田選手は、本当に不運でしたね。
悲劇のヒーローは、やはり織田信長の血を引く者の、宿命だったのかも知れません。

しかし、今回のオリンピックは、始まる前から嫌な気分になる事がありました。
服装の乱れを指摘された、国母選手の問題です。
選手団の中で一人だけ、ネクタイは締めず、ズボンは腰パン、サングラスをかけて・・・。と、普通の若者の服装でしたが、着ていたのは日本代表の制服です。
やはり日本代表として着る服ですから、この格好はいけません。

しかし、私が嫌になったのは、この格好ではありません。
格好は確かにみっともないし、注意されて当然だと思います。
嫌になったのはマスコミの取り上げ方です。
「絶好のカモだ」と言わんばかりに、競走するように国母選手の批判を、何度も繰り返しました。

そして、記者会見で発した言葉。
「反省してます」を「反省してま〜す」と、さも語尾を伸ばしたような扱いで、広げました。
確かに最後の「ます」は、少し伸びた感じはありましたが、「ま〜す」とは言っていない。
ここに、マスコミが勝手に言葉を作り、それを広げる悪しき習慣を見た思いがしました。
自分たちの手で、悪役を作り立てる手法。
朝青龍と同じ手法です。

確かに朝青龍もカメラに向かって示す態度が、不適切な部分が多く、マスコミによって悪役扱いをされてきました。
そして今回の国母選手も同様に、悪役に仕立て上げられたのです。
国母選手も自分で蒔いた種なので、問題はあると思います。
ただ、マスコミは蒔いた種から出た、小さな芽をまるで巨木のように報道します。
これが、今のマスコミの最大の問題です。

事実を事実のまま報道しない。
そこに自分たちの感情や思想、もっと酷く言えば自分たちの都合を盛り込んで報道します。
国母選手にモラルを求めるのなら、自分たちも報道のモラルをしっかりと持って頂きたい。
一人の選手を、皆で袋叩きにしている感じで、本当に見ていて嫌な気分でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549738
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック