2010年02月10日

データベースを楽しもう

私の仕事はフリーのグラフィックデザイン・イラストレーターです。
フリーと言う事は、一人と言うわけで、自分のペースで仕事が出来るのが、一番のメリットと言えるでしょう。
その反面、一人で全てやらなければいけません。
一番何が困るって言えば・・・・この時期なんですよね。
そう、確定申告。これが一番大変です(><)

しかし、3年ほど前に、税務署の紹介で税理士の方が無料で教えてくれるシステムがあったので、家で実際の作業をしながら教えてもらいました。
その時に、青色申告のソフトを買っていたので、今はそのソフトを使って申告をしています。

それでも、日々の経理を怠っていると後から大変な目に合います。
そこで、2年前から時前のデータベースを作成して、お金の流れをちゃんと管理出来るようにしました。
フリーの場合、ややこしいのが仕事で使うお金と、個人で使うお金の区別が曖昧になりやすい事です。

一応財布を分けて管理していますが、ちょっとお金が足りなくなった時に、事業用の財布からお金を出す事もしばしば。
そんな時に領収書がある物は良いですが、無いものはすぐに忘れてしまいます。
ですから、データベースでお金の流れを管理して、計算が狂わなくなるようにしています。

さて、そのデータベースですが・・・。
データベースと言うと、とても難しい物のようなイメージがあります。
でも、ちょっとコツを掴めば、比較的作れる物なんですよね。
私はファイルメーカーというアプリケーションを使っていますが、昨日、思い切って新しいファイルメーカーを購入しました。

今回購入したのは、FileMaker Pro10 Advancedという物で、通常のFileMakerよりも高額です。
何故、普通のFileMakerよりも高い物を購入したのか?と言うと、アプリケーションとして書き出す事が出来るからなのです。

つまりFileMakerで作ったデータベースを、他の誰かに使ってもらおうと思った場合。
また、逆にデータベースを作ってほしいと頼まれた場合。
これまでは作る方も使う方も、FileMakerが必要でした。
しかし、このFileMaker Pro10 Advancedを使えば、単体のアプリケーションとして書き出せるので、使う側はアプリケーションをインストールする感じで使えます。

実は私が使っている青色申告のソフトも、このFileMaker Advancedで作られた物です。
つまり自分で作ったデータベースを、アプリケーションとして販売する事も出来るのです。
しかし、販売するにはそれなりの完成度の高いデータベースを作る必要があるので、私のように個人レベルで使うデータベースには、縁遠い話ですけどね(笑)

でも、使い道は沢山あって、今いろいろと用途を考えています。
そして何よりFileMaker Pro10 Advancedの勉強中です(^^;)
何たって関数とか使うので、いろいろと作りながら勉強しないと、とてもじゃないが頭がクラクラしてきます(笑)

その内、こんなの作ったので使ってみて〜と、データベースをアップしたりするかも知れません。
その時はお試し下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549729
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック