2010年01月26日

嫌われお父さん

二日連続の娘ネタです。
昨日は「娘とのほほえましい場面」的なつぶやきをしましたが、今日はちょっと否定的な?つぶやきです(笑)

娘は今、3歳と9ヶ月です。
自我に目覚め、感情の起伏も激しくなり、時に大人びたり時にわがまま放題の赤ん坊に戻ってみたりと、その時々で感情がころころ変わります。
今、一番変化が大きい時なのでしょうね。

そんな娘ですが、最近やたらと私を嫌がります。
何も「お父さんが嫌い」と言うわけでは無いのですが、私がお迎えに行くと泣き出すのです(^^;)
娘としてはお母さんに迎えに来て欲しいのだが、残念ながらお母さんはその時間帯に迎えには行けない。

私が託児所に迎えに行くと、私の顔を見たとたん「お母さんが良かった」と言って泣き出すのです。
もうかれこれひと月近くこの状態が、ほぼ毎日続いています。
今ではすっかり託児所の名物!?になってしまいました。

先生方も何とか娘をなだめて、笑顔で帰ってもらおうと頑張りますが、結局は大粒の涙を流しながら託児所を後にしています。
娘の「お母さんに迎えに来て欲しい」という気持ちも痛いほど解ります。
私だってお母さんに迎えに行って欲しいくらいですが、仕事が終らないので無理なのです。

毎日、帰りの車の中で「もう明日からお父さん迎えに来なくていい?」と聞くと、「嫌だ〜お父さん好き〜」と、また泣き出します。
今ごろ「お父さん好き〜」と言われても、迎えに行く度に「嫌だ〜帰りたくない〜」って泣かれる私の身になってくれ〜(泣)

娘にとっては、今お母さんに甘えたい時期なんでしょうね。
きっと「他のお友達は、お母さんがお迎えに来るのに、何で私はいつもお父さんなの?」って思っているのでしょう。
あまりに娘が「お母さんがいい〜」とわめくので、「じゃぁ〜明日からお父さんが女装して来ようか」と言うと、それを聞いていた先生方大爆笑してました。
でも娘は周囲が笑ったので、余計に怒ってしまいましたけどね(^^;)

いやはや、何とも困った娘です。
もちろん今日も泣かれました。
毎日、先生と「今日はお父さんお迎え来ても泣かない」って約束するらしいのですが、無理なようです。
きっと明日も明後日も泣かれるのでしょうね。

まぁ、私も慣れたので別に良いですが、先生方には毎日の最後の一苦労をかけてしまい、申し訳ない気持ちです。
こうなったら、いつまで泣き続けるか、見守るくらいの気持ちで行くしかないですね。
それにしても、母は強し、どんなに頑張ってもお父さんはお母さんには勝てないのだ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あっはっはっはー
娘ちゃん、かわいいなー

そのうち本気で「お父さんはイヤ!」って言いだしちゃうだろうから、今のうちですよん(^-^)

お父さんが女装(爆)
その発想ええなぁ。
Posted by ぢる at 2010年01月29日 09:30
ぢるさん、笑い過ぎやろ(^^)
まぁ〜年頃になれば、本気で「お父さん臭いからあっち行って・・・」なんて言い出すでしょうからね。
「お父さ〜ん」って甘えてくるのも、今の内でしょう。
お父さんが女装は、つい冗談で言ったら、先生方が聞いてて大受けでした(^^;)
Posted by island at 2010年01月29日 11:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549714
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック