2009年11月22日

またメダルが・・・

今日は息子の剣道の試合が入っていました。
朝早くから集合して、試合会場へ向かいます。
試合と言っても、これまで参加していた、奈良県下から集まるような大きな大会ではありません。
今日参加したのは、三つの道場だけでした。
道場同士の繋がりがある中での、稽古試合のような感じです。
それでも多くの子供たちが参加していて、熱気に包まれていました。

息子は昨年も参加しましたが、昨年はまだ面を付けていなかったので、試合には参加していませんでした。
しかし、今年は面を付けて試合へ参加。
試合は低学年、高学年に別れての勝ち抜戦です。
1〜3年が低学年、4〜6年が高学年。

息子は高学年の下の方になるので、比較的早い段階で登場しました。
最初に戦っていたのが、同じ道場の子同士で、女の子の方が勝ちました。
この女の子は、息子と同じ年ですが、道場の先生の娘さんで、昔から剣道をしています。
当然勝ち抜きました。息子はその三人目の対戦相手となりました。

実は先日、いつもの練習場で行った稽古試合では、この女の子に勝ったのです。
これには本当に私たち親も含め、他の保護者も驚いていました。
まぐれでも何でも勝ったので、それなりに息子にも力がついてきているのでしょう。
そして今日は・・・・・・・残念ながら負けました(^^;)
それでも結構長い時間戦っていたので、通常の時間制の試合なら引き分けだっと思います。

その女の子も途中で負けてしまいましたが、勝ち抜いた数で3位になりました。
表彰式で優勝者、順優勝者、3位とそれぞれに賞状・メダルが渡されます。
これで終りかな・・・と、思っていると「特別賞」があるようで、一人一人と名前を呼ばれていました。

ところが最後に息子の名前が呼ばれました。
私も嫁さんも、お互い顔を見合わせて「何で?」という顔で苦笑いしていました。
息子も名前を呼ばれて、ビックリしたようで、おどおどしながら賞状・メダルをもらっていました。
この特別賞は稽古の様子や、試合の時の礼儀正しかった事への特別賞らしいです。
メダルは先日、優勝でもらったメダルよりも大きく立派なメダルです。

帰り際、私たちに「何で俺メダルもらったの?」と聞くので、「先生に聞いてきな!!」と言うと、前を歩く先生に聞きに行ってました。
「日頃の練習態度や今日の試合の態度がしっかり出来ていたからだって」と、嬉しそうに話していました。
試合には勝てませんでしたが、その態度を評価されたのは、本人としても嬉しかったでしょう。
礼儀を重んじる武道である剣道ですから、それを評価されたのは、私も嬉しかったです。

今日はおまけに剣道の試験まで受けて来ました。
最初はそのつもりは無かったのですが、息子でも受けれる事を聞き、先生も薦めてくれたので、結局受ける事にしました。
無事合格して、「剣道4級」になった息子。
ひとつまたひとつと、経験を積んで立派な剣士になってほしいです。

今日は勝てませんでしたが、次の試合で1勝出来るように、また頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック