2009年11月18日

親孝行してますか?

今日は少しまじめなつぶやきを・・・・。
と言うと、まるで日頃はふざけたつぶやきのように聞えますね(笑)
別にふざけてつぶやいてはいませんが、今日はちょっと趣を変えて・・・。

皆さんは今お幾つですか?
私は現在四十代前半、家庭を持つごく一般的なおっちゃんです。
私と同世代の方、御年配の方、まだエネルギッシュな若い方、いろいろかと思います。
でも、皆さん、家庭の中に育ち、親がいて自分がいると思います。

家庭を持ち、子供が出来、親になると、自分が子供の頃に親によく言われていた事を思い出します。
その頃は、「うるさいなぁ〜」「また言ってるよ」等と思っていたのですが、気がつくと同じ事を言っているのですから、おかしなものです。

自分が親になって初めて、親の苦労が分かるのですが、「親孝行したい時に親は無し」とよく言われます。
自分が親になって、親の有難みを理解し、親に孝行しようと思った頃には、親はもう亡くなっている事が多いのでしょう。
最近は、平均寿命が伸びているので、そうでもないでしょうが、昔は寿命が短くて親孝行しようと思った時には、親はいなかったのでしょうね。

今の自分を考えた時、果たして親孝行出来ているのだろうか?
私の場合、実家が遠く離れているので、なかなか会う機会も無く、1〜2年に一度子供達を連れて帰省する事しか出来ません。
後は、こちらに来た時に、ちょっと小旅行に連れていくくらいです。

親孝行って何だろう?と考えた時に、いくら子供の私が親の気持ちになっても、解らないと思います。
そこで、自分が年老いて子供に何をして欲しいか・・・と考えてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

特に無いんですよね(^^;)
子供に何かして欲しいと言うよりは、子供が幸せな家庭を築いて、家族楽しく暮らして欲しい。
そして時々は孫の顔を見て、笑顔で団らんしたい。
それが一番嬉しいかなぁ〜と思います。
親は幾つになっても親、子供を見守っていたいのでしょう。

そうなると、やはり私の親も同じなのかなぁ〜と思います。
特に親のために・・・と、何かを買って送ったりするよりは、なるべく帰省して孫の顔を見せてあげる事が一番なのでしょう。
しかし、現実問題として、なかなか簡単には帰省できません(T_T)
何せ、私の実家は奄美、嫁さんの実家は北海道。
家族で移動するだけでも大変です(笑)
そうなると、後は電話で元気な声を聞かせてあげるとか、写真やビデオを送ってあげるのが良いのでしょうね。

日々、仕事と家庭と、また他にもいろいろと忙しく過ぎて行きます。
一緒に暮らす子供達の事は、否が応でも気にしなくてはいけませんが、親の事はつい頭から抜けている事が多いです。
自分が親の事を気にかけていなかったら、今度は自分が年老いた時に、同じように子供から気にかけられなくなると思います。
親を思う、親を大切にするという事を、子供達はおじいちゃん、おばあちゃんと接しながら学んでいくのかも知れません。

また、今の厳しい現状としては、「親の介護」に携わっている人も多いのでしょうね。
介護疲れや、酷い場合には介護ウツなんて事もあるようです。
現状を知らない私が簡単に言うべきでは無いのでしょうが、介護を頑張り過ぎない事が親孝行かも知れません。
「親のために」と頑張り過ぎて、疲れてしまった子供を見るのは、親としては忍びない気がします。
上手く介護サービスや、市の行政サービス等を使って、笑顔を絶やさない事が一番の親孝行かも知れませんね。
あくまでも現状を知らない私の理想なので、そう簡単な事ではないとは思います。
でも、自分が介護される親の立場なら、やはり子供に要らぬ苦労はさせたくない。と考えるので、頑張り過ぎない介護が必要なのかな〜と思います。

「自分は親孝行できているだろうか?」
時にはそう考えて、親に対する感謝を忘れないようにしないといけませんね。
家族の絆、今それがどんどん薄くなっている気がします。
親は子を想い、子は親を慕い、絆を強めて次の世代に繋げていかなくてはならないと思います。
私も十分に反省して、親孝行できるように頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549641
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック