2009年11月16日

大問題発言だと思うのだが

これまでも何度かつぶやいてきた「在日外国人地方参政権」の問題。
さすがに今回は物凄い抗議の数で、ビビって引っ込めた感がありますが、民主党はそう簡単には引き下がれません。
だって、これまでずっと韓国民団の応援を受けてきたのですから。
韓国民団と約束しているから、これを成し遂げなくてはならないのです。

小沢幹事長も次のように話しています。

産経ニュースWeb版より抜粋
091116.png
ソースはこちら
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091116/stt0911161933006-n1.htm
------------------------------
【小沢氏「外国人参政権は韓国側の要請」】
 民主党の小沢一郎幹事長は16日の記者会見で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「韓国政府サイド、在日の方々からも要求が非常に高まってきている」と述べ、法案推進の理由に韓国側の要請があることを認めた。
 さらに「民主党が積極的な姿勢を示していた経過もある。政府の姿勢を鮮明にする意味からも、政府提案が望ましい」とも述べた。
 ただ、外国人参政権問題はこれまで民主党内で論議が事実上凍結され、意思統一が行われなかったため同党の衆院選マニフェスト(政権公約)にも盛り込まれかった経緯がある。
 付与推進派の党内急先鋒である岡田克也外相でさえ、幹事長当時の今年5月、産経新聞のインタビューで「党の(推進)議連では一定の方向性を出したが党内議論がまとまったわけではない。少し時間をかけないといけない」と語っていた。
 このような中で、民主党の山岡賢次国対委員長は今月6日、今国会中に議員立法で提出することを検討する意向を示した。だが小沢氏は10日、政府提出法案が望ましいと表明。11日に開かれた政府・民主党首脳会議は法案の扱いを小沢氏に一任したが、今国会への提出は見送りの見通しとなっている。
------------------------------------------

皆さん、この記事を読んでどう思われます?
なんで日本国の国会に出す法案が、韓国政府サイド、在日の方々の要求の物なんでしょう?
一体いつから日本の国会議員は、韓国政府の者になったんでしょうね?
今、日本国内は様々な問題を抱えています。
待ったなしの状態の問題が、あちらこちらにあり、それなのにどれもこれも全く進展しません。

民主党のマニフェストに掲げた公約も、何ひとつ実行できないまま、日本はどんどん景気悪化してきています。
それなのに、日本国民に何の利益にもならない「在日外国人地方参政権」をここまで必死で通そうとする民主党。
ここまで堂々と「韓国政府と在日の要求」と言われると、民主党がキャッチコピーにしていた「国民の生活が第一」は、やっぱり日本国民の事じゃなかったのがハッキリしましたね。
「私たちは売国政党です」って、自ら証言しているようなものです。

本当に民主党政権になってからと言うもの、何ひとつ進展しないまま、ダラダラと時間だけが過ぎて行きます。
あれだけ騒がれた「八ッ場ダム」はどうなったのでしょうか?
地元住民の声も聞かずに、中止を宣言したままでほったらかしでしょうか?
沖縄普天間基地問題も、アメリカまで巻き込んで話が二転三転、閣僚内でも話がバラバラ。
しまいには、日米首脳会談で自らオバマ大統領に話した内容を、あっさりと覆してしまう鳩山総理。

もうねぇ〜〜〜〜本当に呆れ返ってしまいます。
一体この政権は何がしたいのですか?
綺麗事ばかり並べて、やってる事は人の話を聞かないで、好き勝手やってるだけです。
事業仕分けだって、単なるパフォーマンスにしか見えません。
国の一大事業をたった1時間で、どうやって見分けると言うのでしょうか?
あんなものは、初めから結果ありきで、民主党議員が自分の見せ場に利用しているに過ぎません。

それでも相変わらず高い支持率を保っていると、ずっと擁護し続けているマスコミ。
もう本当に日本は腐り切っています。
このまま民主党政権を続けたら、日本は完全に再起不能になってしまいます。
何でもかんでも無駄と決めつけて、予算を削られたり事業を廃止されたら、公共事業や必要な国民のためのサービスが受けられなくなります。
そうやって無理やり浮かせたお金を使って、子ども手当てや高速無料化に持って行くのでしょう。
これをバラマキと言わず何と言うのでしょうか?

皆さん思い出して下さい。
ちょうど一年前、麻生政権の時に麻生総理は何か失態したでしょうか?
記憶にあるのは、ホテルのバーに通っているとか、カップラーメンの値段を知らないとか、散々叩かれた漢字読み間違いとかです。
散々マスコミが取り上げて叩いていたので、鮮明に記憶にあると思います。
でも、その叩かれた事が、国の進退を決める重要な事でしょうか?
全く関係の無い事で、散々叩かれて、支持率低下の要因となりました。

今の鳩山総理はどうでしょう?
どこかのお店で食事をすれば、それがほほ笑ましいニュースとして報道される。
発言が二転三転し、全くリーダーシップを取れなくても、全く叩かれない。
しまいにはアメリカを巻き込んでのドタバタぶりにも、全く問題視しない。
それでいて「高支持率」と報道する。

こんな報道で誰がマスコミを信用するんですか。
新聞もテレビも全く嘘つきです。
自分たちの思想をまるで真実のように報道しようとしているだけです。
テレビはほぼ全局(特にNHK、TBS、テレビ朝日)、新聞もまともなのは産経くらいでしょう。

最近は腹が立つので、テレビの報道番組は見たくないのですが、どんな偏向報道しているかチェックする意味で見ています。
昔ならそのまま鵜呑みしていましたが、最近は「あぁこんな意図があってこういう報道の仕方をしているな」と読めるようになって来ました。

毎日、民主党政権の不甲斐ない内容が明らかになってきますが、これも日本の現状だと受け止めて、未来につなげるための糧と考えるようにしたいと思います。
こんな国会議員を選んできたのは、間違いなくマスコミを鵜呑みにしてきた、私たち国民です。
もう目覚めた人は、今後はマスコミの報道を鵜呑みしないで、自分の頭で考え、自分で情報を入手し支持する議員、政党を選んで行きましょう。
国を動かすのは私たち国民です。
この国を護るのも私たち国民です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック