2009年11月10日

異常な犯罪の数々

ついに捕まったみたいですね。
英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさんの、死体遺棄容疑で指名手配されている市橋達也容疑者。
最近になって突然「整形手術後の顔」が公開されたので、捕まるのは時間の問題かと思っていました。
しかし、大阪の南港に居たなんて。

ひとまず捕まって良かったですが、どうしても疑問に残る事が多々有ります。
一体どうやって逃走していたのでしょうか?
着の身着のまま、しかも裸足で逃走したのに、何故整形手術をできるくらいのお金を持っていたのでしょうか?
やはり背後に逃走を手助けした人物がいるとしか思えません。

そして、何故、最初の整形手術でその情報が出て来なかったのでしょう?
あの鋭い目つき、整形手術をするとなれば、必ず解ると思うのですが。
もしかしたら最初の手術も、協力者がいたのかも知れません。

事件発生から約2年半、ようやく逮捕で、これから事件の真相、そして逃亡の詳細が明らかになって来る事でしょう。
しかし、最近の事件は本当に異常な事件が多過ぎます。
千葉で起きた女子大生の殺害そして放火事件。
さらに、島根で起きたこちらも女子大生のバラバラ殺人事件。
あまりにも異常です。

そして、連続して発覚した、30代半ばの女性による、複数男性の不審死。
千葉と鳥取で似たような事件が起きています。
こちらも、何故今まで解らなかったのだろう?と不思議に思います。
事故死ではなく事件性を何故疑わなかったのでしょうか?

しかし一番怖いのは、この異常な事件の報道に慣れてしまっている自分自身です。
少々の事件が起きても驚かない、そんな感覚になってしまっている事が怖いです。
そして、度重なる事件で、ほんの少し前の事件もすっかり忘れ去ってしまっている。
そんな自分が一番怖いと感じました。

いつから日本はこんな国になってしまったのでしょうか?
他人を思いやり、情けをかける心の日本人はどこへ行ってしまったのでしょうか?
いえ、どこにも行ってはいないのだと思います。
ただ、ほんの一握りの心無い人間の行い。
しかし、それが大々的に報道されると、まるで日本人全体が狂ってしまったかのように感じる。
それが一番怖い事だと思います。

多くの事件を解決し罪を裁く事は大切です。
しかしそれ以上に、犯罪の道に進まない、強く清い心の大人を育てる教育が必要だと思います。
子供の頃からの教育が大切だと思うのです。
親の躾け、学校での道徳教育、そして地域での助け合い。
これが子供達を健全な大人へと成長させるのだと思います。
今の日本は、全てが崩れ去っています。

この状態で、日本に未来はありません。
やはり本来の日本の姿に戻らなくてはいけないのだと思います。
道に迷ったら、来た道を戻るのが一番確実です。
勇気を持って振り返り、本来の日本の姿に戻りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
えっ、市橋容疑者捕まったのですか!
かなり特徴のある顔、特に目が、ですので、私だったらすぐ分かります。
特に事件は地元千葉県で起こり、ご近所の多分イギリス人と思われる男性は、ザックに市橋容疑者の写真をいつも貼り付けて、逮捕に協力していて、もう市橋容疑者の顔は目に焼きついていました。
でも、関西のほうでは、市橋容疑者の写真が出回っていなかったとしたら、整形外科の医師も分からなかったのかもしれません。
異常な犯罪の犠牲者も、残された家族も心の整理が着かないだろうと思います。
本来の日本を取り戻す、そのために、先ず自分の足元をしっかりと、地域のコミュニケーションを高める行事とかには積極的に参加しています。
Posted by 春眠 at 2009年11月11日 11:36
春眠さん、大阪や名古屋と福岡を行き来しているのでは、と言われていましたが、やはり大阪に居たのですね。
しかも大阪で働いていたとか。気付かないのかなぁ〜。
最初の指名手配の写真が、あまりにも特徴ありすぎて、実物みても解らなかったのでしょうか?
とにかく捕まって良かったです。
しかし、まだ未解決の事件が沢山ありますね。
事件に巻き込まれない為の防犯も大切ですが、もっと先を見据えて、犯罪者を生まない社会を作っていかなくてはいけないですね。
地域のコミュニケーション、本当に大切だと思います。
私も地域の行事や活動には、なるべく参加するにしています。
Posted by island at 2009年11月11日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549633
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック