2009年10月13日

政権交代の後遺症

民主党政権になってから1ヶ月が経過しましたが、いまだに国会が開かれていません。
その割りにおかしな動きばかりがあるのですが、全くマスコミが取り上げません。
まさしく民主党のやりたい放題って感じです。
私たち国民は、民主党政権に何もかも丸投げしたのでしょうか?
誰もそんな事はしていないハズです。
民主党政権による不安要素がどんどん膨らんでいると言うのに、マスコミはのんきな報道ばかり。
1年前の麻生政権は、リーマンショックにいち早く対応して、早急な予算編成に取りかかりました。
その中であの「漢字間違い」報道や「ホテルバー通い」報道が、延々と行われたのです。

今の民主党政権に対するマスコミの報道を見ていると、まるで別のマスコミが現れたような変わりようです。
「報道の自由」というのは、どうやら「報道したいように報道する自由」だと言うのがよく解りました。
自民党政権はどんな些細な事でも重箱の隅を突くように報道するけど、民主党政権は多少の問題があっても、何事も無いように報道するのですね。
自民党が良いとか民主党が良くないとか言っている訳ではありません。
何故フェアに報道できないのでしょう?
これが日本のマスコミの現状です。

多くの国民が「政権交代」というキャンペーンに乗って、「何かが変わるかも知れない」という思いで民主党に投票したと思います。
確かに自公連立政権では、いろんなところで行き詰まりがあり、不満な部分が有った事は事実だと思います。
しかし、民主党の問題点や不正には、殆ど触れる事なくただただ民主党を支持したマスコミは、完全に国民をミスリードしたと言って良いでしょう。
おそらく民主党に投票した人は、「何かおかしいな」とか「なかなかスムーズに行かないな」等と思っている事でしょう。

鳩山政権が今やっていることは、全く持って国会無視、国民無視の独断で行われています。
八ッ場ダム中止の問題にしても、補正予算の凍結にしても、地元の意見・地方の意見は全く無視されています。
このままでは、ますます景気が悪化し企業が倒産し、雇用情勢が悪化して失業者が増加します。
この責任は誰がとるのでしょうか?
きっと「民主党を選択した国民の責任」と言われるのでしょうね。

今、私の住む町では市長選挙戦が繰り広げられています。
こんな市長選にでも、民主党推薦の候補者の応援に、民主党関係者が駆けつけます。
昨日は名古屋で市長になった「河村たかし氏」が来たようですし、今度は衆議院議員の「細野豪志氏」が応援に来るようです。

一方、現職の市長も再選に向けて戦っております。
こちらは無所属ですので、有名な政治家等は応援に来ません。
私は個人的に現市長の政策や、政治に対する姿勢等、評価できると思っておりました。
また、昨年大変お世話になった地区の長の方からも「応援してほしい」とお願いされています。
本日は現市長の決起大会があると言う事で、その会場に行って来ました。

公民館の中には、すでに多くの町民が来ていて、私は入り口付近で立ち見して聞いておりました。
現市長はすでに72歳で、これまで2期8年間市長として頑張って来られました。
決してパフォーマンスも話術も長けた人ではありませんが、言葉の一つ一つに心がこもっています。

そして応援に駆けつけた方々も、地元の関係者ばかりです。
元県副知事という方がいらっしゃいましたが、現市長が県職員であった時の部下という事でした。
他にも市議会議員が数名と、地元関係者ばかりの応援です。
地味と言えば地味です。でも、これが本当の応援の声だと思います。
現市長の人柄や仕事ぶり、そして何より潔白で真面目な人間性。
これを語れるのは、地元で接したきた人間しか解りません。

一方の民主党候補者は、テレビにも出てくる有名な政治家が応援に来ています。
私はその応援演説を聞いていないので、評価する事は出来ません。
でも、その応援にきた方は、立候補者の人柄や能力をどこまで理解しているのでしょうか?
ただ単に「民主党公認」というだけで、応援に来ただけとしか思えません。
演説を聞いていた人は、応援にきた政治家から自分たちの町の事を思う気持ちを感じる事が出来たでしょうか?

先の衆議院選挙の勢いそのままに、地方の市長選までも「政権交代」を訴えようとしているのでしょう。
現在の市長になってから、市政はとても良くなったと感じています。
私としては、この安定した市政をチェンジする必要性は感じません。
むしろこのままで、まだやり残している大きな問題を、現市長に頑張ってもらいたいです。

どうも最近の政治は、マスコミの誘導で動かされていて、おかしい事ばかりです。
市の将来は市民が決める事です。
よその市長が来て話をしたり、国会議員が来て話をされても現実味はありません。
ちょっと考えれば解ることなんですが、その考える事が鬱陶しいのだと思います。
「政治は煩わしい」「政治には関わりたく無い」そんな気持ちがどこかにあるのだと思います。
私も以前はそうでしたからね。
でも、自分たちの町は自分たちの考えで作っていくんです。
自分たちの国は、自分たちの考えで作るんです。
それが子や孫に誇れる地域を国を残す事になるんです。

近く行われる市長選挙。
果たしてどのような結果になるのか。
市民の判断が問われます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
ダムの話ですが、15年ほど前に、熊本の五木村に、行った事が、あるのですが・・ダムに沈むと聞いた、その風景は、日本の財産と思えるほどの、田舎の美しさでした・・
で・・たまたま、この夏に、五木村は、まだダムに沈んでいないと聞き・・
あの風景をもう一度見たいと・・出かけたのですが・・

行って・・ビックリ・・・
まるで、浦島太郎にでもなったのか??と思うほどの、変わりようで・・・ほとんど、移転していて・・

未来都市が、出来上がって、それは、それで、綺麗な町並みなのですが・・
私の大好きな風景は・・
まるで・・風景の残骸・・・のように壊わされ・・・
川の流れさえも、代わり・・・・
もう・・気味が悪いほどで・・
ガッカリして、帰宅したんです・・

でも、その時までは、知識のない、私は、五木村に住んでいる人たちが、望んで、そうしているんだと思い込んでいたんです・・

最近の報道で・・
残された残骸・・・その原因は、政治だった事に、初めて気付かされました・・

政治家の方々は、視察に行かれるだけで・・
そこで、何日も暮らす事は、されない訳で・・
きっと、地元の人たちの気持ちなんて、理解されていないのでしょうね・

八ッ場ダムの完成を心待ちにしていた、人たちも五木村の方々も、きっと・・元に戻してくれと、時間を返してくれと、言いたいでしょうね・・

必要のない物に税金をかけるのは、反対ですが、中止したり、凍結したり、することで、やめるよりも、高額な税金が、いるとなると・・話が??違うような??気もするのですが・??

今の政治のイメージは
「廃止です・・中止です・・」と・・言われたら・・
反論も出来ずに、事が進んでいきそうで・・
怖いですね・・

又、二酸化炭素??を減らすと言いながら??
一方では?高速道路の無料化(嬉しいけど)を押しているのも??矛盾しているようにも、思ってしまうのですが??

おかしくない??とニュースに突っ込んでいる・・私です・・
長くなり・・ごめんなさい・・・
でも、残骸のような・・風景を見たら・・・
本当に、人事とは、思えなくて・・・
Posted by そら☆ at 2009年10月14日 21:34
そら☆さん、本当にそうですよね。
もし自分の生まれ育った故郷が、ダムの底に沈むと考えると、とてもやりきれない気持ちだと思います。
これまで沢山のダムが造られて来ましたが、果たしてその中で本当に必要なダムはどれくらいなのか?と疑問になります。
本当は小さなダムで済むところを、予算が欲しいからと大きなダムにしていた・・・という話もあるほどです。

八ッ場ダムの住民の方々も、本当に長い時をかけて、ようやくダムを受け入れてその生活にシフトしている最中です。
「本当にダムが必要か?」と再度話し合う事は必要かと思いますが、いきなり中止決定では本当に住民の方々は納得がいかないと思います。
民主党政権になって、日本各地でダム工事中止が決定しているようですが、本当に必要なダムまで中止している気がしてなりません。

そもそも「税金の無駄を無くす」と言いながら、お金のかかる政策を打ち出している事自体が矛盾しています。
子ども手当てを実施するために、配偶者控除を中止。
ガソリン暫定税を廃止する変わりに、環境税を導入。
やっている事が矛盾だらけです。

それでも、国会も開かずに国民の声も聞かずに、どんどん突き進んでいますよね。
これを独裁政治と言わず何と言うのでしょう。
自民党政権時にはマスコミも厳しく追及しましたが、今のこのマスコミの状態は何でしょう?
本当におかしな事になっています。

私たち国民が望んでいる事は、矛盾した政策の中でチグハグな状態で、結局うやむやになり、その裏で国民が知らない「在日外国人参政権」や「人権擁護法案」「夫婦別姓」「戸籍制度廃止」「道徳教育の廃止」「東アジア共同体」等、国民が望んでいない事から進められようとしています。
つまりは民主党が政権を担って、本当にやりたかった事は何なのか、これでよく解ると思います。
でも、テレビでは報道しないので、テレビしか見ない人は解らないと思います。
日本はますますおかしな方向に進んでいます。
私が何度も「日本が危ない」というのは、何も大げさな表現ではないのです。

そらさんが感じた「反論も出来ずに、事が進んでいきそうで怖い」という感覚。
その感覚を大事にして下さい。
私たち国民が目覚めなければ、このまま日本はおかしな方向に進んでいくだけです。
「おかしい・怖い」と感じたら、勇気を持って真実を見つめる事です。
そうすれば本来の素晴らしい日本という国が見えてくると思います。

戦後、私たちの国は間違った道へと誘導され、それに気付かぬまま今日まで来てしまいました。
もう目覚めなければいけない所まで来てしまいました。
このまま、日本という国がおかしな国になり、いずれ日本で無くなるか、本来の日本という国をもう一度振り返りやる直せるか、今、まさに岐路に立たされているのだと思います。

何だか不安にさせてしまうレスになり申し訳ございません。
でも、本当に「何か変」と感じたら、目覚めるきっかけです。
本当の素晴らしい日本を取り戻すために、共に真実を見つめて行きましょう。
Posted by island at 2009年10月14日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549605
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック