2009年08月31日

衆院選から一夜明けて

嵐のような衆院選投票から一夜明けました。
民主党の308議席という圧勝に終った今回の選挙ですが、勝ったのは民主党ではなくマスコミという方が正しいのかも知れません。
これまで徹底した自民党批判を繰り返し、政権交代を煽ってきたマスコミ。
今回の選挙も「政権交代するための選挙」になってしまいました。
これでは自民党が勝てる訳はありません。

確かに国民の中に「自民党に対する不満」があったのは事実でしょう。
私も不満だらけでしたし、自民党そのものが変わらなければいけないと考えていました。
しかし、だからといって今回の政権交代は望んでいませんでした。
「二大政党制」と言いますが、民主党はまだまだ政権政党としては不安要素が多過ぎます。
それをマスコミは全く報じず、ただただ「政権交代する事で政治が変わる」というメッセージを国民に送り続けました。

それに国民が一気に流された訳ですが、果たして民主党政権に何を求めるのでしょうか?
「政権交代は望んでいるが、民主党の政策は支持できない」という声をよく聞きます。
では何故民主党に票を入れるのでしょうか?
おそらく自民党へのお灸の意味で民主党に入れた人も多いと思います。

今回の選挙で自民党は大勢の議員を失いました。
「落ちて当然」と思う議員もいれば「誠に残念」と思う議員もいます。
そう言った意味では、自民党も新しい自民党に生まれ変わるチャンスだと思います。
本来の保守政党にしっかりと軸足をおいて、民主党には無い自民党の強さを取り戻してほしいと思います。

大敗した自民党ですが、今回良かったと思えるのは、下野する事で公明党との連立が解消される事だと思います。
おそらく自民党支持者の中には、公明党と連立している事で支持が出来ない人も多かったと思います。
自民党自体も公明党に協力を求める事から、本来の自民党色を失っていった感が否めません。

公明党も今回の選挙では大打撃を受けました。
正直、自民党よりもショックは大きいでしょう。
何せ小選挙区で全滅ですからね。
大物議員が落選、しかも党代表までもが議席を失ったのですから。

民主党政権になって、日本がどう変わるのか?
これまで散々、自民党の批判を繰り返してきた民主党ですが、与党になったとたんに守りに入りそうな気がしてなりません。
本当の政権政党と言うのは、自浄能力が無くてはいけませんが、野党時代からその自浄能力に欠いていた民主党です。
政権を担ったら批判を受けても、それを独占議席で潰してしまいそうな気がします。

これから大変な荒波を日本は乗り越えていかなくてはなりません。
民主党という船は思想が全く異なる素材(議員)で作られた船(政党)です。
ちょっとしたトラブルで、すぐに解体してしまう危険性があります。
そんな船で荒れ狂う海原に船出するのですから、本当に大変だと思います。
民主党という船が解体してしまった場合、やはり自民党という船の重要さが出てくるのですが、今や自民党という船もバラバラに崩れてしまいました。
自民党も長年の船旅でチグハグな船になっていましたから、今こそ船を作り直すチャンスです。
本来の保守政党としての自民党丸を作り、いつでも船出できる準備を進めてほしいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549556
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック