2009年08月21日

国旗切り裂きのその後

選挙戦がスタートして、各局みな選挙戦の様子等を伝えています。
しかし、もう民主党政権が誕生したかのごとくに報道しているのは、一体どういう事なんでしょうか?
あたかも民主党が大勝するような報道ばかりです。

先日、本当に腹が立った「国旗を切って民主党党旗」の後、やはりマスコミは殆ど無視を決め込んでいます。
報道したとしても、夕方のニュースとかでさらっと「こんな事がありましたよ〜」って程度でしょう。
しかし、ネットではこの問題は大問題とされています。
YouTubeでは再生回数がトップになり、大きな反響をよんでいます。

まず普通の日本人として「国旗を切る」という事が考えられないのですが、それを全く問題としない民主党って本当に日本の将来を考えているのでしょうか?
以前から民主党には国家感が感じられないと思っていましたが、今回の件では「やっぱりな」という想いでした。
まず、日教組が支持団体のひとつであると言う事。そして朝鮮総連や韓国民団、つまりは日本人でない方々の支持を受けているという事。
どちらかと言えば、日の丸を良く思っていない人達の支持を受けているのです。
そう考えれば「国旗ごときで騒がなくても」と民主党が思うのも、ある意味うなずけます。

そしてその後、この事について鳩山党首からは一切謝罪の言葉等はありません。
それどころか、この問題となった鹿児島の候補者の応援には駆けつけていないのです。
つまりは、そこに行けば必ず謝罪の言葉を出さなければいけないので、この候補者の応援には行かないと決めたのかも知れません。

麻生総理は、街宣でもこの問題について触れているようです。
産経Webに記事が載っていましたので、抜粋します。

ーー<産経Webより抜粋>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【09衆院選】鳩山氏「国旗切り張り」の現場入り見送り 首相を逆批判 謝罪はなし
2009.8.21 19:30

民主党の集会で掲げられた、日の丸の旗2枚を切り張りして作った党旗(左上)。右は出席した小沢代表代行=8日、鹿児島県霧島市
 民主党の鳩山由紀夫代表は21日、遊説のため鹿児島県入りした。鹿児島1〜3区で街頭演説を行ったが、新人候補陣営が日の丸を切り張りした党旗を掲げる問題を起こした鹿児島4区には足を踏み入れなかった。
 この問題で自民党は追及を強めており、麻生太郎首相も20日、鹿児島入りし、「ふざけた話だ。民主党は日の丸すらきっちりできない」と批判した。
 これを受け、鳩山氏は鹿児島市内での街頭演説で「麻生首相が鹿児島でいろいろと民主党を批判したそうだが、私たちは誹謗(ひぼう)中傷合戦のためにこの場に立っているのではない。正々堂々と政策論争をしたい」と強弁。早くも政権を取ったかのように「民主党が政権におごるようなら潰していただいて結構だ。その時には自民党が頑張って政権を取り戻してもらいたい」と述べたが、最後まで「おわび」の言葉はなかった。
 一方、首相は21日、福島県郡山市内での街頭演説でまたもこの問題に触れ、「われわれが守るべきは郷土であり、日本であり、日の丸だ。それを破って自分の党の党旗を作るというふざけたことを絶対にする気はない」と語気を強めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事リンク

確かに相手の批判よりも政策で・・・と言うのは分かります。
でも、あまりにも酷い内容ですよ。
日の丸を切って、二つ繋いで党旗を作るなんて、どう考えたっておかしな話です。
民主党の集会に党旗が用意されていない事が、普通は考えられない事です。
そして、仮に党旗が無かったからと言っても、わざわざ日の丸を切って張り合わせるなんて、そっちの方が大変です。

つまりは民主党党旗の代表品では無く、最初から用意されていた物だと言う事です。
民主党の事務所も「熱心な支援者が持ち込んでそれを使った」と答えていますので、その支持者が意図を持って作ったという事になります。
日本の国旗を二つに切って、それを使って民主党の党旗を作る。
日本の国旗に対して、何も敬意を払っていないって事ですよね。
むしろ侮辱しているという事になります。
だから、麻生総理も怒りをあらわにして質問したのだと思います。

この問題一つをとっても、どちらが日本を愛し、日本を守ろうとしているのか、小学生でも分かる事だと思います。
片や日の丸を侮辱し、片や日の丸を守ろうとする。

もし、今回の「日章旗切って民主党党旗問題」を、何とも思わない人がいるのなら、すでに日本人の心は無いのだと思います。
オリンピックでワールドカップで、ワールド・ベースボール・クラシックで、日の丸を背負って戦った選手達にも、本当に失礼な事だと思います。

マスコミはこの問題が風化するのを待っているのでしょうが、麻生総理はきっと問題として発し続けるでしょう。
だって、日の丸を切り裂いたと言う事は、日本を切り裂く、日本人を切り裂くという意味です。
日本を切り裂いて、バラバラにして主権を委譲するという事なのでしょう。
分かりやすく言えば、他国に日本を売り飛ばすという事ですね。

「そんな大げさな」と思う人もいるでしょうが、決して大げさではないと思います。
昨年のチベット問題、そして今年のウイグル問題。どちらも元々は独立国家だったのです。
中国に取込まれてからは、自由が無くなり元々の文化も根絶させられうようとしています。
信じられない話ですが、民主党は国家主権を他国に委ねたり、沖縄ビジョンと題して沖縄を独立させて中国人を大勢受入れる構想を持っています。

マスコミが報じる民主党は、いかにも優秀な政党でこれからの日本を担う政党のように映りますが、報道されない闇の部分はこんな事だらけです。
世論調査では民主党が300議席を上回る勢いだと報道していますが、これも麻生政権の支持率と同じで、どこまで信憑性があるのか疑問です。
あえてこの時期に「民主党圧勝」のイメージを作り上げ、世論を民主党にリードしようとしているような感じがします。

事実を伝えないマスコミ。
この国は一体どこに向かおうとしているのでしょうか?
あなたは日本を愛していますか?
私たちの生活も大事です。しかし、足元の問題ばかりを見せられて、もっと大きな国家としての成立ちを見落としていませんか?
「木を見て森を見ず」と言う言葉がありますが、自分たちの生活(一本の木)の事ばかりを考えていて、大きな国(全体の森)としての守るべきものを忘れていないでしょうか?

選挙まであと1週間。
じっくりと自分の頭で考え、自分の心で決めましょう。
そして私たちの一票が、日本の未来を決めるという事は、選ぶ私たちに責任があるという事です。
本当に任せられる責任力のある政党はどこなのか?
また、責任力のある人は誰なのか?
日本人として考えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
なんか、まともに投票したいところが無いです。
テレビで全然でていないですが、みんなの政党ってどうですか?
Posted by am at 2009年08月22日 21:10
islandさんが憂慮なさっているように、この問題は国家の根幹に関る重要な問題なのにマスコミが報道しないということは、すでにマスコミに中国の工作員が入っているということでしょう。これほど日本は危機的なのです。
私は、テレビ局4局に「酒井某などどうでもよいが、何故国旗引き裂き事件を報道しないのか」と抗議しました。産経にも投書しましたが、産経では社説でもきちんと扱っていますね。
これが、中国の国旗を引き裂いたらどうなるでしょう。大反日暴動が起こるでしょう。民主党は、大好きな中国の国旗は裂かずに、大嫌いな日本の国旗を裂く、そのような政党なのです。
個人で出来る精一杯のことはしていますが、なんか怒りと悲しさと虚しさで落ち込んでいます。
Posted by 春眠 at 2009年08月23日 08:44
amさん、きっと多くの国民がそんな気持ちだと思いますよ。
どこの政党も国民へのサービスばかりで、未来の日本を見据えた党がありません。
みんなの党も、今一つパッとしませんね。

春眠さん、この国のマスコミは完全に日本のものではないようです。
国旗を切り裂いて党旗を作るなんて、もしこれを自民党がやっていたら大問題になりますよ。
おそらく麻生総理が退任まで追い込まれるでしょう。
それくらい重大な問題です。
全く報道無視を決め込む辺りが、完全に日本のマスコミではない証拠です。
今報道したら、一気に民主党の風が追い風から逆風になりますからね。
これだけマスコミから応援されて、圧勝できないハズがありません。
今回のこの選挙、マスコミの報道は明らかにジャーナリズムに反していると思うのですが、これはどうして問題にならないのでしょうか?
私たち国民が声をあげても、それを取り上げるマスコミが無いから、やはり声が広がらない。
一部ネットで広がりを見せているが、このネットにも規制する声もあります。
こうやって少しずつ言論の自由を封鎖して、やがて中国共産党のような社会を作り出すつもりなのでしょう。
Posted by island at 2009年08月23日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック