2009年08月18日

選挙戦スタート

いよいよ衆議院総選挙が開示され、選挙戦がスタートしました。
各党いっせいに日本中で街頭演説に走り回っているようです。
各党、それぞれに有権者に訴えていますが、有権者の声にも耳を傾けて欲しいですよね。

自民党であれば、これまでの自・公政権の批判の声をしっかりと聞いて、それに応えて欲しいです。
小泉改革・郵政民営化によって、プラスの面もあったと思うが、やはり格差が広がった負の面は大きい。
そして、一年ごとに総理が入れ替わった事など、有権者に納得のいく説明が求められます。

民主党であれば、小沢氏・鳩山代表と続けての献金問題があります。有権者は決して納得はしていません。
自民党の問題には徹底追及をしながら、自信の事になると責任逃れするのは、政権を担おうとする党の代表としてはいかがなものか?
そして日頃から民主党が前向きな「外国人参選権」「人権擁護法案」「靖国に変わる国立追悼施設」など、マニフェストには載っていない事への懸念。
何故載せないのか?反対されるのが分かっているので、わざと省いたのか?

今回の選挙は、「自民か民主か」という構図の中で「政権を選ぶ選挙」と言われています。
民主党のマニフェストやポスター、あらゆるところで「政権交代」の文字が踊っていますが、まるで政権交代をするのが国民との約束のようです。
政権交代は手段であり目的ではありません。
しかし、マスコミも政権交代を煽り、国民もその風に乗っているようです。

風に乗ると言うのは、世の中の流れに沿って動く事。
決して悪いとは言いませんが、私たちはもっと自分の頭で考え、自分で情報を見つめ、自分の意志で投票を行わなければいけません。
私たちの1票が、日本の未来を大きく変えるのです。

今、風は明らかに民主党です。
それは昨年の麻生政権発足時から、マスコミが散々解散総選挙を煽り、民主党への政権交代を取り上げ、そして麻生政権へのネガティブキャンペーンを行った結果だと、私は思っています。
もちろんそれだけではありません。自民・公明の連立政権で、そして小泉改革で生まれた負の遺産に対する、国民の声でもあると思います。
しかし、マスコミの偏向報道はあまりにも酷過ぎました。

自民党が初めて下野して、細川内閣が発足した当時の選挙も、マスコミの偏向報道が激しく、後に「椿事件」と呼ばれ、公平な報道が求められて来ました。
しかし、今回の様々な報道を見ていると、椿事件以上の偏向報道のように思います。
自民叩き民主擁護の報道姿勢がずっと続いて来ました。
「総理はホテルのバー通い」「漢字の読み間違い」「カップラーメンの値段を知らない」等、これでもかと言わんばかりに、何度も何度も報道されました。

そして中川昭一氏の「もうろう記者会見」。
これもワイドショーネタのように、何度も何度も報道され、結果大臣辞任に追い込まれました。
確かにもうろう会見はまずかったけど、その前に残した実績は全く報道されません。

その後、小沢代表(当時)の西松建設の献金問題が浮上すると、一斉にマスコミは「国策捜査だ」と検察を批判しました。
明らかに小沢氏を擁護する報道が多かったです。
そして、代表を辞任して、当時幹事長だった鳩山氏が代表になっても、何も責任を問いません。
さらに、その鳩山氏にも故人献金問題が浮上したのに、これは殆どスルーしています。

他にも鳩山代表の「日本列島は日本人だけの所有物ではない」というとんでもない発言。
さらには、昨日書いた「日本国旗を繋ぎ合わせた民主党党旗」の問題など、普通に考えれば日本人として信じられない発言が多いのですが、決してマスコミはその事には触れません。
報道したとしても、ニュースの一つとして軽く流します。
麻生総理の「漢字間違い」のように、何度も何度も報道する事は絶対にありません。

こんな報道の中で、今、民主党への追い風が吹いていると言われています。
この風に素直に乗れない私は、傍から見ると「流れに乗れない変わり者」かも知れません。
でもね、嫌なんです。フェアじゃない状態で、無理やり作られた風に乗りたく無いんです。
スポーツで言えば、審判が皆チーム民主党を応援しているような状況ですよ。
だから、私は自分で考え自分で判断し、自分の意志で投票をしたいと思っています。

選挙戦は始まったばかり、これから暑い熱い選挙戦が続きます。
皆さんも風に流されず、自分の意志で投票して下さいね。
私たちの日本です。私たち日本人の手で、明るい日本の未来を守っていきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック