2009年08月07日

荒れる芸能界

何やら芸能界がきな臭いですね。
押尾学容疑者の合成大麻使用による逮捕から、酒井法子容疑者の逮捕状まで、にわかには信じられないニュースが続いています。

押尾学容疑者に至っては、一緒に薬物を使用した女性が死亡しており、その場に居合わせていたのに、救急車を呼ばずにその場を立ち去ったという、過ちを犯しています。
本人の供述では「心臓マッサージをした」と言っていますが、まず救急車を呼ぶのが先決。
しかし、女性は全裸でしたから、救急車を呼んでマスコミに知られるのを恐れたのでしょう。
救急車を呼んでいたら、もしかしたら助かっていたかも知れません。
その意味では罪は深いと思います。

この事件もビックリでしたが、坂井容疑者の件はもっとビックリでしたね。
最初は事務所も周辺の人もマスコミも、旦那が捕まったショックで失踪したのかと思っていましたが、本人も覚せい剤常習者の疑いが持たれるなんて・・・。
当初は「10歳の子供と一緒」と報道されていたので、「最悪の事態にならないように」と事務所も捜索願を出しました。

ところが途中で10歳の息子は知人宅で預かっている事が解ると、事態は急展開を見せました。
きっと多くの人が、子供を連れていない事で、不信感を持ったのではないでしょうか。
私自身も「何で子供を残して行方不明なのか?」と思いました。
考えられる事は二つ。
1)ショックのあまり、我を見失いさ迷っている。
2)自分自身にも疑惑が有り逃亡している。
出来れば1)であって欲しいと思いましたが、結果は2)の可能性が高まっています。

あまりにも有名で、あまりにもイメージがかけ離れている酒井法子と覚せい剤。
ファンの人はきっと今でも無実であると信じていると思います。
私も出来るならば無実であってほしいと思いますが、逃亡している可能性が高いので、悲しいですが真実なのでしょう。

芸能界というのは、表も裏もあることだと思います。
しかし、犯罪に手を染めながら、テレビの中では清潔なイメージを演出してほしくないです。
子供達や若者に与える影響は計り知れません。
「芸能人もやっているから」と安易な理由で、何でも真似てしまうのが、子供達や若者たちです。
良い影響も沢山ありますが、良いイメージの裏で薬物に手を染めていては、全てが虚像になってしまいます。

酒井法子容疑者が本当に覚せい剤常習者であったのなら、その罪は深いと思います。
世間に与えた影響があまりにも大き過ぎます。
いつまでも逃亡していないで、全ての事を出して深く深く反省してほしいと思います。
そして薬物依存から抜け出す努力を見せて欲しいです。
それが今まで支えてきた方々、そしてファンの皆さん。何より10歳の息子のために必要な事ではないでしょうか。

芸能界で後を絶たない薬物事件。
「もしかしたらこの人も!?」と疑いの目で見てしまいます。
テレビに出ると言う事は、それだけ人への影響を持つという事です。
自覚を持ってほしいと強く思うのです。

以前、大麻に関して肯定的なつぶやきを書きましたが、薬物としての大麻はいけません。
大麻には様々な利用価値がありますが、薬物としての大麻は絶対にいけません。
そして覚せい剤も、一度使うと一生を崩壊させると言われています。
「絶対に手を出してはいけない」という強いメッセージと、使った後の恐怖を知らしめる事。
そして、何よりも簡単に手に入るような状況を、何とか変えて行かなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント

マニアと申します。
突然失礼します。
いま、いろんなブログに挨拶回りしています。
いろいろ勉強させてください。

エンタメのブログ作っています。
まだまだですが、お暇あればおいでください。

ではいきなりすいませんでした。^^
Posted by マニア新聞 at 2009年08月13日 21:59
マニアさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by island at 2009年08月14日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック