2009年07月22日

日食に湧いた一日

今日の午前11時頃は、日本中の人々が空を見上げていた事でしょうね。
日食のあった今日この時間。皆さんはどう過ごされていましたか?
そして日食は見る事が出来ましたか?

関西地方は曇り空で、ハッキリとした日食を見る事はできませんでしが、雲の切れ間から少しだけ見る事もできたようですね。
私もカメラを持って外に出て、日食を見ていましたが、残念ながら雲に覆われて、ハッキリとした日食は観測できませんでした。

しかし、雲のフィルタの向こう側に、明らかに通常の丸いお日様では無く、月のように欠けたお日様の形を見る事が出来ました。
逆に雲っていたから、日食メガネ無しで肉眼で見る事が出来た気がします。
そして写真にも撮る事が出来ました。

090722-1.jpg

090722-2.jpg

ぼんやりとした形でしか撮影できませんでしたが、三日月状のお日様の形がよく分かります。
理屈では解っていますが、やはり実際に自分の目で見ると不思議ですよね。

さて、私の故郷奄美大島では、皆既日食の瞬間を待ちわびていた事と思います。
しかし、奄美もお天気がイマイチだったようで、黒い太陽やダイアモンドリングを確認できた所は少なかったようですね。
さらに悪石島は、皆既日食の時間に暴風雨に見舞われ、体育館に避難しての皆既日食となってしまったようです。

硫黄島ではハッキリとした皆既日食が見れたようで、テレビでも放送されていましたが、見事な黒い太陽、そして皆既日食中のコロナ、さらにはダイヤモンドリングも見れたようです。
テレビで見るだけでも素晴らしいので、実際にその場に居て、突然暗くなったりまた明るさが戻ったりする現象は、本当に感動するのでしょうね。

世紀の天体ショーに湧いた一日でしたが、宇宙の神秘を感じた一日でした。
次に日本で見れるのは26年後だそうです(^^;)
一度は見てみたい皆既日食です。
実際に見れた方は、その感動を忘れずに、見れなかった方はいつか見れる事を夢見て次のチャンスを待ちましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549515
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック