2009年07月13日

懐かしいメロディー

今宵は何とも素敵な時間を過ごしました。
懐かしいメロディーにしばし耳を傾け、心を洗われる気持ちとのひととき。
最後には会場が一体となって拍手の渦。
久々に生のコンサートを体感し、約2時間の時間はあっという間に終りました。
この歳になって、この二人の美しいハーモニーを聴けるとは思っていなかったので、聴いている内に涙が込み上げて来ました。

旧友/ブックエンドのテーマで始まり、冬の散歩道やアメリカ、そして永遠の名曲スカボローフェアと、何度も聴いた曲が目の前で演奏されていきます。
そうです。今日はサイモン&ガーファンクルのコンサートに行って来ました。
もう涙もののコンサートでしたよ。
まさかこの歳になって、生でサイモン&ガーファンクルの歌声を聴けるなんて思ってもいませんでした。

解散してからかなりの年月が経つこの二人。
再結成してコンサートをしていることを知らなかった私は、友人からコンサートの誘いを受けました。
最近はまだ子供が小さい事から、なかなかコンサートにいくような事は無く、コンサートに行くのが何年ぶりなのか解らない程でした。

友人と会場の京セラドームへ向かい、まだ時間があったので先に軽く飲み食いしてから会場に入りました。
会場入りの列を見ると、私たちと同年代や、明らかに年配の方、さらにはどう見ても20代の人まで、幅広い年代の人が集まっていました。
会場入りしてしばらくすると照明が落ちました。
待ちかまえていた場内からは拍手と歓声が響き渡ります。

するとステージ方面に備え付けられた大型モニターにプロモーションビデオが流されました。
それはサイモン&ガーファンクルの誕生から成功して活躍していた昔の写真。
時代の流れと懐かしさを演出すると、そこへ二人が登場、旧友/ブックエンドのテーマが始まりました。
この演出と生の歌声に最初からウルウルしてしまいました。

スカボローフェアの美しい旋律と、完璧なまでの二人のハーモニー。
ポップな曲調に会場が一体となったミセス・ロビンソン。
民族楽器の音色に一緒になって歌ったコンドルは飛んでゆく。
瞬く間に時間は流れ、聞きなれたピアノの旋律が流れました。
名曲中の名曲、明日に架ける橋です。
歌い終ると会場は歓声の渦。鳴り止まない拍手の中、二人はステージ奥へと消えていきました。

ここは当然アンコールです。
まだ聴いていない曲があります。
会場は鳴り止まない拍手が、次第に手拍子に変わり大きなうねりとなっていきました。
そして二人が再び登場。会場は割れんばかりに拍手と歓声に変わります。
しかしサイモンがギターを弾き始めると、一瞬にして静まり、その曲がサウンド・オブ・サイレンスだと解ると、再び大きな拍手。
誰もが知っていると言っても過言ではないこの名曲。
生で聴くサウンド・オブ・サイレンスは鳥肌の連続でした。

続いてこれもサイモン&ガーファンクルの中では有名な曲。ボクサーが始まりました。
サビの「ラ〜イラララィ♪」の部分では、私も一緒になって歌っていました。
そして再び二人は歓声に包まれ、ステージの奥へと姿を消しました。
これで終りか〜と思っていましたが、会場はまだまだ拍手が鳴り止みません。
私も一緒になって拍手をしていると、三度二人は登場してくれました。

そして最後はいとしのセシリアを熱唱し、会場も総立ちで一体となりました。
最後はバックバンドのアーティストを紹介し、再びいとしのセシリアを演奏し終了。
感動と涙に包まれた時間が終りました。

演奏中の二人は遠くからは分からないのですが、大型モニターに映し出されるので、表情までしっかりと解ります。
昔では考えられなかった事ですが、最近のコンサートは大型モニターでアーティストが映し出されるので、間近で見ている気分になれますね。

印象的だったのが、アート・ガーファンクルがつたない日本語で「コンバンワ〜」とか「アノ〜」とか言って笑いを取っていたことです。
さらには「オオサカ〜」「オーキニ〜」なんて事も言っていました。
美しく懐かしいメロディーと、エネルギッシュな会場の一体感。
とても素敵な時間と空間を共にすることが出来、とても満足したコンサートでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
おお、なんとうらやましい〜〜〜!!!
私が学生時代、映画『卒業』が公開され観に行って、美しいメロディーが心に耳に焼きつきました。それを生で聴かれたのですね。
しかし、私も二人のコンサートが日本で開かれるなんて全然知りませんでした。今からでも調べて、関東でもチケットが取れるようなら絶対聴きに行きます。

islandさんがどんなに感動したか分かりますよ。だいぶ前ですが、ポール・マッカートニーが来日してコンサートが後楽園ドームであったのです。
妹がファンクラブに入っていて、アリーナ席が取れて、表情もよく見えました。
ヘイジュード、イエスタデーなどの名曲がキラ星の如くポールの口から聴けて、涙が止まりませんでした。
ちなみに、ポールは大変紳士的で、愛国者であり、他国に対する敬意もあって、舞台に出てくるとき、大きな日の丸を振りながら、「日本の皆さん、こんにちは」と挨拶してくれて、人柄にも益々惹かれました。
Posted by 春眠 at 2009年07月14日 12:22
東京ドームで、11日にあったのですね・・・(涙)
Posted by 春眠 at 2009年07月14日 12:27
私は、五つ上の姉の影響で、小学生の頃からラジオを聞いていたので〜サイモン&ガーファンクルも、聞いてましたよ(^^)

もちろん、卒業の映画も見ましたし・・・
あの、歌声は、最高です。
Posted by そら☆ at 2009年07月14日 12:47
春眠さん、本当に素敵なコンサートでした。
誘ってくれた友人に感謝です。
東京はもう終っていたのですね。私も知りませんでした。
ポールマッカートニーのコンサートもとても羨ましいです。
生でヘイジュードやイエスタデーを聴けたなんて。
日の丸を振りながら挨拶してくれるなんて、それだけで嬉しくなりますね。
サイモン&ガーファンクルのコンサートは、今回限りなのか、それとも今後も二人で活動するのか?解りませんが、あの二人のハーモニーを今回限りで終らせてしまうのはもったいないです。
是非、今後も活動を続け、また日本公演してほしいですね。

そら☆さんも、サイモン&ガーファンクル聴いていましたか。
本当に二人のハーモニーは美しいですね。
私もギター弾きながらサウンド・オブ・サイレンスやスカボローフェアを真似るのですが、同じ人間でありながら何故こうも違うのか?といつも思います(笑)
久々にコンサートに行きましたが、時にはこんな事も必要ですね。
心が洗われてリフレッシュした感じです。
Posted by island at 2009年07月14日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549506
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック