2009年06月19日

撮りたい写真

昨日は帰りが遅くなり、また今朝も早朝から用事があるために、早々と床につきつぶやけませんでしたm(__)m
いつもは家族を見送り、一人家に残って仕事をする私ですが、今日は一番に家を出て行ったので、逆に皆に見送られるかたちでした。
ちょっと身内事でいろいろ大変でして、しばらくドタバタが続きそうです(^^;)
まぁ、良い方向に向かっていると思うので、安心していますが。

それにしても今日も暑い一日でした。
昨日は久々の雨が降ったのですが、今日はまた梅雨空らしくないお天気になりました。
来週からは本格的な梅雨空になるそうなので、いよいよ梅雨本番ってとこですかね。

車で走っていても、あちこちに紫陽花の花を見かけます。
この時季、やはり一番雨に似合うのは紫陽花の花ですね。
鬱陶しい梅雨の季節ですが、雨に濡れた紫陽花の花を見ると、そんな鬱陶しさも吹き飛んでしまいます。
出来れば紫陽花の花や菖蒲の花など、今の季節の花の写真を撮りに行きたいのですが、ちょっと時間がとれそうにありません。

カメラってやっぱり、心にゆとりがないとなかなか出来ないですね。
写真を撮る時間と言うのは、決められた時間内ではなく、自由な時間の中で撮らないとダメだと思います。
デジカメを買い替えて2年になりますが、一向に写真が上達しないのも、結局は写真を撮る機会が少ないからだと思います。

最近になって「もう少しまともな写真が撮りたい」と思うようになり、身近な物をテストを兼ねて撮ったりしていますが、それでも気持ちにゆとりがないとダメですね。
時間に追われていると、「写真を撮る」という気持ちにすらなれません。
本当は撮ってみたい写真があるのですが、その時間にその場所に行かなくてはいけないので、実際はなかなか難しいのが現状です。

今の時期で言うと、是非撮ってみたいのが、蛍の写真です。
闇夜に光るほのかな蛍の写真を撮ってみたいのです。
しかし、そのためには蛍のいる場所まで行かなくてはいけませんし、その時間帯に動くのが非常に難しい状態です。
私の住む近辺では蛍は見れないので、車で山の麓まで走らなくてはいけません。
今のこの状態では・・・・ちょっと厳しいですね。
でも、もし時間が取れれば、子供に蛍見せる意味でも行ってみたいです。

そしてもうひとつ撮ってみたい写真。
それが水田に移るお月さま。
これはもうかなり厳しい状態だと思います。
何せ梅雨ですから、晴れた空が期待できるか分かりませんし、水田は田植えが終っていて、稲穂が徐々に伸びています。
稲穂が伸びれば水田の鏡のような効果は無くなります。
出来れば田植えをする前の水田に映る満月を撮ってみたかったです。

頭の中では撮ってみたい写真のイメージがしっかりあるのですが、なかなか実現できそうもありません。
でも、各季節ごとにとってみたい写真はあるので、今後も季節に合わせて写真を撮ってみたいと思います。
なかなか時間的に厳しそうですが、楽しみながら撮れたらいいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おひさしぶり^^
写真ネタということで出てきました。
「心にゆとりがないと・・・」というのは同感です。
でも題材はまずは自分の足元からだと思います。身の回りにある自然に気がつかない人が多いです。

そんな俺も奄美に戻るまで気がつきませんでした。奄美に300種を超える鳥が記録されているとか知らなかったし、何千という虫、植物、いろんな貝、魚、、まだまだ知らないこといっぱいです。

そう、まずは自分の足元の動物、植物を知ることから始めるといいと思います。どんな生活して生きているのか知ること。それがエコロジー(生態学)だと思います。感動しますョ^^
Posted by shigeru at 2009年06月21日 11:53
shigeruさん、お久しぶりで〜す。
島はまだ梅雨明けしていないのですか?
題材は確かに足元からですね。
私も庭の花や、近辺の田んぼ等、いろいろ撮っています。
カメラの方がまだまだ使いこなせていないので、撮りながら勉強している感じです。

ところでshigeruさんのところなら、バッチリ皆既日食が見れますね。
滅多に無い絶好のチャンス!!
是非、世紀の一瞬を撮って下さいね。
Posted by island at 2009年06月21日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549481
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック