2009年06月17日

時代は変わった

私は今の仕事を始めてから、もう17年くらいになる。
普通の会社で言えば、もう十分ベテランの域に入る事になりますね。
その内、半分以上は会社勤めでしたが、以後はフリーで仕事しています。

私が今の仕事を始めた頃は、グラフィックデザインと言えば、台紙に印画紙を貼って文字は写植屋さんに出して、写真はコピーした物をアタリとして貼って・・・という時代でした。
まさにアナログ全開の時代だったのです。
仕事を始めた頃は、今のような環境なんて想像も出来ませんでした。

Macを中心にDTPの流れが加速し、印刷業界を取り巻く環境は一変しました。
そしてそれはDTP業界にとどまらず、Web業界、映像関係まで変化を遂げています。
本当に昔の事を思うと、作業効率は物凄い差があります。

ひとつの例として、地図の作成があります。
昔は市販の地図を見ながら、その地図を書き起こす作業をしなくてはなりませんでした。
それはDTP化になってからも同じ事で、地図を見ながら、知っている所であれば頭で地図を描きながら、地図を書き起こすのです。

しかし、今は本当に便利になりました。
インターネットを使って地図を見る事ができるので、より正確で分かりやすい地図が作れるようになりました。
GoogleMapやゼンリンの提供する地図等で、全く知らない所も住所さえ分かれば周辺の地図が検索できます。
凄いのはスタート・ゴールを設定すれば、ルートを検索し所要時間まで分かるのです。
そして有りがたいのが、IC(インターチェンジ)の詳細が見れる事。
ゼンリンの地図だとルートを設定すると、高速のIC部分等に○が表示されます。
そこをクリックすると、ICの詳細が表示されるのです。

ICって入組んだ仕組みになっている事が多くて、地図上だけでは把握できない事が多いのです。
この機能を使う事で、より正確で分かりやすい地図の作成が可能になります。
昔なら想像で地図を作成し、クライアントに校正してもらい、再度手直しを繰り返していました。
しかし、今は最初からかなり精度の高い地図を作成できます。

どんどん進歩する環境ですが、便利になればなるほど、人間味が求められてくる気がしています。
要はデザインに自分らしさ、または訴える力が求められて来る事でしょう。
私も経歴は長くなってきていますが、フリーで仕事をしている関係上、情報が入りにくい環境です。
どんどん新しい事にもチャレンジしつつ、昔ながらの良さも残しながら、自分のカラーを出していけたら・・・と考えています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(11) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
初めまして。
goronbo-sanに紹介していただきました。
エントリー記事とは関係ないのですが、
申し訳ありません。
質問させてください。
デザイン業界はたいそう変わりましたね。
私はMac(システムで1,000万円)が導入された頃に、会社をつぶしてしまいました。
本題ですが、
eMacOS=10.3.9のrestoerPCを購入したのですが、
いつの間にか、名前とパスワードがロックされ、
PCを立ち上げるたびに、名前とパスワードを
要求してきます。
購入先に相談したら、パスワードの部分だけrestoer
したら、上記のようになってしまいました。
全体でrestoreしないと直らないと言われました。
そうなると、構築したものがすべて初期化されてしまいますよね。
保存したままで、修正する方法はないでしょうか?
厚かましいかと思いますが、
教えていただけないでしょうか?
Posted by マーゴ at 2009年06月18日 17:10
マーゴさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
ちょっとドタバタとしていまして、レスかすっかり遅くなってしまいました。申し訳ございません。
goronboさんのお知り合いの方ですか?
同じMacユーザーとして、よろしくお願い致します。

さて、ご質問の件ですが、大変な事になっていますね(^^;)
私も未体験な事なのでどう対処したらいいのか分からず、結局Appleのサイトで調べてみました。


ご質問の内容だと、OS10.3.9をお使いですよね。
そのOSのインストールDiscは御持ちですか?
インストールDiscを使って、名前とパスワードが変更可能なようです。
詳細はこちら↓でご確認下さい。
http://support.apple.com/kb/HT1274?viewlocale=ja_JP

このページの下のほうに「オリジナルの管理者アカウントのパスワードをリセットする」という部分があります。
この説明に従って作業を行ってみて下さい。

私も未体験の事なので、想像でしかお答えできませんが、これで解決できそうな感じがします。
一度お試し下さい。
Posted by island at 2009年06月20日 08:06
物を尋ねておきながら、
「ありがとう」の一言がないのは・・・友達やろか?

変わりに おおきに♪
Posted by goronbo at 2009年06月21日 16:19
goronboさん、お久しぶりです。
え〜と、マーゴさんとはお友達ではないのですか(笑)
私も未体験なトラブルなので、お役に立ててるか解りません。
時代と共に物凄い勢いでパソコンは変わりますからね。
調べてみて私も勉強になりました。
Posted by island at 2009年06月21日 19:53
コメントが遅くなり大変申し訳
ございませんでした。
ありがとうがないとgoronbo-sanが怒ってますが、
PCの調子が相変わらず良くなくて、
てこずっています。
インストールし直しましたら、
ロックは、はずれたのですが、
今度はsafariが動かなくなりどうしたものかと
困ってます。
OCNを使ってますので、問い合わせたところ
たまたま、電話口に出た方が、私も同じで、
別のブラウザを使っているとのことでした。
旧Macを処分しようと思ったのですが、
現在電源を繋いで使用しています。
また、状態が変りましたら連絡させていただきます。
Posted by マーゴ at 2009年06月23日 03:19
マーゴさん、何とかパスワード再入力できたのですね。
Safariが動かないのは、OCNの関係では無いかも知れません。
私もつい最近、Safariが起動しなくなる現象に出くわしました。
常にセキュリティー向上のためのバージョンアップをしているので、最新のSafariにアップして見て下さい。
アップルメニュー(画面の左上)からシステム環境設定を開き、ソフトフェアアップデートをクリックすれば、様々なアップルソフトフェアのバージョンアップが出来ます。
最新のSafariはバージョン4.0です。
Posted by island at 2009年06月23日 09:40
度々有難うございます。
インストールの方法が間違っているのではないかと指摘されました。
初期化が完全にできてないのだと。
で、指示された通りに再インストールしてみたのです。(滅茶苦茶複雑でした)
が、やはり
「アプリケーションSafariは予期しない理由で終了しました」と表示されます。

islans-sanのアドバイス通りにソフトウエアバージョンアップを試してみましたが、修正できませんでした。私のOSではSafari4へのバージョンアップは不能です。
Firefoxも試みましたが、巧く繋がりません。
お手上げ状態です。
他のeMacは快調なのですが、私が使っているのは
変です。
Posted by マーゴ at 2009年06月23日 18:56
ついに、電源が入らなくなってしまいました。
Macは大好きなのに。
OSが9からXになって、
劇的に操作が変化してしまいましたね。
ゴミ箱がクルクルと廻って動くデザインには吃驚したものです。
マウスが格別綺麗だし、一時期デザインが斬新で、
家電にまで手を伸ばして欲しいと
思ったことがありました。
操作性は、island-sanが指摘してはるように
Winの比ではないですよね。
ただ、X以降は少し脆弱なのかしらと
感じています。
Power Macintoshはどんなことをしても潰れない
頑丈さがありました。
Posted by マーゴ at 2009年06月24日 07:43
マーゴさん、電源が入らなくなってしまったのですか。
そこまで来ると、これはもうハード的な問題ですね。
一度修理に出した方が適切かと思います。
eMacはOS9時代のMacですので、OSX対応に無理があるのかも知れませんね。
OS9時代にはユーザーが自由にカスタマイズできましたが、OSXになってからはUNIXの知識がなければ、下手に触れなくなりました。
昔からのMacユーザーにとっては、多少物足りなさを感じるところかも知れません。
私個人的には、OSXになってから(特に10.3以降)は、とても安定していると感じています。
ただ現在PowerMacG5を使用していますが、そろそろ時代の流れに取り残されている感じです。
そろそろIntelMacに移行したいのですが、軍資金がありませぬ(^^;)
Posted by island at 2009年06月24日 15:46
仰有られている通り、昨日返送しました。
eMacはiMacにOS9をくっ付けているのかと
思っていたのですが、反対ですか?
そうかもしれませんね。
iMacXが出たとき、すぐ購入したのですが、
PageMillがはいってなくて、新しいホームページ作製ソフトに馴染めなくて、PageMillが使える
中古のMacを購入するようになりました。
もう、時代に取り残されているどころか
Macの化石にしがみついているとしか。。。。。
もっとも、会社を潰して以来、貧乏真只中で
Macのバージョンアップ新製品には
ついていけない厳しい現実なのですけどね。

捨てる積もりにしていた旧Macに再度繋いで
書いてます。
Posted by マーゴ at 2009年06月25日 05:52
マーゴさん、eMacはもともと教育市場用に考えられていた機種ですので、バリバリ仕事で使うには、ちょっとパワー不足を感じるかも知れませんね。

PageMillってありましたね〜そんなソフト。
確かadobeが出していたんじゃなかったですか?
今はDreamweaverがあるので、皆それを使っていると思います。(私も使っています)

MacOSもXになってかれこれ10年近く経ちますからね。
時代の流れは戻せないので、流れに乗るしかありませんが、Macを買い替えるのも大変ですよね。
ソフトウェアみたいに、ハードウェアもバージョンアップ料金にしてくれたらいいのに(^^;)
Posted by island at 2009年06月26日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック