2009年06月16日

娘の発言

3歳を過ぎてますます娘の言葉が達者になってきています。
時には思わずこっちが苦笑いしてしまうような言葉を発します。

先日も夜寝る前に、絵本を読んでもらおうとお母さんに話しかけていましたが、お母さんは洗濯物で手が放せない状態。
「お父さんに読んでもらって」と言われ、仕事部屋の私のところへトコトコとやって来ました。
「お父さんコレ読んで〜」と絵本を持ってきた娘。
私が「う〜ん、ちょっと待ってなぁ〜」と渋りながらMacを触っていると、しびれを切らした娘は寝室へと戻って行きました。
そしてお母さんに「お父さん読んでくれないって・・・」と、まるで密告(笑)
しかたなしに絵本を読んで聴かせました(^^;)

そして今日も帰宅途中に、思わず苦笑いしてしまう出来事があったようです。
今日はお母さんの自転車でのお迎えでした。
娘にとっては、お父さんの車のお迎えよりも、お母さんの自転車のお迎えの方が、数百倍嬉しいのです。
最近は少なくなりましたが、以前は私が迎えに行くと「お母さんがいい〜」と泣き出していました。

最近はお母さんのお迎えが多いので、帰りは自転車に乗ってルンルンで帰って来るのです。
幼児を前に載せるカゴつきの自転車ですので、娘は自転車の最前線で風を切って気持ち良く走ります。
きっと目にする風景や物がとても新鮮に見えるのだと思います。

今日は帰り道で散歩中の小さな犬を見つけたようで、犬を見たとたん「ちっちゃい犬〜かわいいなあ〜」と叫んだようです。
きっと飼い主の方も、小さな子供に犬を褒められて嬉しかった事でしょう。
その場が笑顔で包まれている。そんな空気が漂っていた事でしょうね。

そしてしばらく走ると、今度は大きな犬が散歩をしていたようです。
すると娘は「おっきい犬〜かわいくないなぁ〜」と叫んだようです。
これには嫁さんも慌てたようで、風のように自転車を走らせ、その場を逃げて来たようです(笑)
その場が引きつった笑顔で、沈痛な空気が流れていたのでしょう(^^;)

娘からしたら大きな犬は「怖い」対象なので、「かわいくない」という表現も間違いでは無いのですが、さすがに飼い主の目の前で言われると、親は参ってしまいます。
娘にとっては、自分よりも小さな生き物はかわいいけど、大きな生き物はかわいくないのでしょうね。

何事もストレートに物を言う子供です。
これからも名ぜりふで、親を苦笑いさせてくれる事でしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
可笑しいですね〜、声を出して笑ってしまいました。
子供は正直、だから、『裸の王様』のお話が出来たんですものね。

さて、下の外国人参政権の問題ですが、私も大変憂慮しています。周囲に中国人も凄く増えていて、この中韓の人々は反日教育を徹底的に受けているのですから、彼らに参政権を渡したらどうなるでしょうか。
絶対参政権は与えてはならないと思います。
また在日朝鮮人が何故日本人にならないかと言うと、在日特権と言うものがあって、税金の免除がたくさんあるのです。それで、帰化しないのですね。
政治家の怠慢と、肝心なことを報道しないマスコミが問題であり、いつもこの二者が癌だと思います。
Posted by 春眠 at 2009年06月17日 09:05
春眠さん、笑えるでしょ。
子供ってホントに感じたままに言うから怖いです(笑)

外国人参政権、本当にテレビで論じられる事が皆無ですよね。
中韓の反日教育の成果は「日本人には何をしても良い」という気持ちを持たせるようです。
全ての中国人・韓国人がそうでは無いとしても、日本国内の外国人犯罪の傾向を見れば、いかに中国・韓国人が日本人を人としてみていないか分かります。

在日朝鮮人の問題は本当に困ったものです。
日本人はどこまでバカにされ続ければ良いのでしょうか?
必死になって日本の将来を考えている人々の行動は、一切報じないマスコミ。
そして目先の利権だけに捕らわれて、日本の将来を考えようとしない政治家。
一人でも多くの国民が、真実を知り、日本国民として考えて行動する事が大切だと思います。
Posted by island at 2009年06月17日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549479
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック