2009年06月11日

真昼の珍事

本日は嫁さんがお休みだったため、娘も託児所お休みでした。
こんな日は大抵仕事の効率が悪い。
何しろ仕事をしている私の横に来て話しかけるのだから、仕事にならないのです(^^;)
特に女の子はおしゃべりですからね〜。

今日もやはり私の側に来て話しかけてくる娘。
私が相手してくれないと分かると、iMacを指さして「何か見たい」と言い出しました。
iMacの中にいろんなアニメの動画が入っているのを覚えているのです。
私も「おとなしく見ていてくれるなら」と、ついつい見せてしますのです(^^;)
しかし、途中で飽きて、下で掃除をしているお母さんの所へ行ったり、また戻って来たりを繰り返すのがいつもの行動なのです。

そして今日は天気が良かったので、庭に出て遊んでいたようです。
お兄ちゃんの縄跳びを見つけて、それを庭に引っ張り出し遊んでいたようなのですが、突然庭で娘が悲鳴をあげました。
まるで猛獣にでも襲われているような、凄まじい悲鳴に私も嫁さんも「何事か?!」と窓から庭を見ました。

そこには確かに何かに脅えながら、必死に家の中に入ろうとしている娘の姿が。
しかし何に脅えているのか?そこには何も見当たりません。
するとまた娘が悲鳴をあげて「怖い〜怖い〜」と逃げています。
よく見るとそこには蝶々が飛んでいました(^^;)
何と娘が脅えていたのは蝶々だったのです。

私たちが「大丈夫だよ、怖くないよ」と言っても、娘は恐怖でパニックになっているようです。
あまりの娘の悲鳴に、隣のお婆ちゃんまでもが「どうしたの?」と慌てて窓から顔を覗かせました。
隣のお婆ちゃんも何か事件でも起きたのか?と思ったのでしょう。
蝶々が原因と分かって笑っていましたが、娘にとっては本当に恐怖だったようです。

家に上がってきてお母さんにしがみついて離れない娘。
あまりの恐怖に身体が小刻みにぷるぷると震えています。
今までこんなに蝶々に脅えた事など無かったと思うのですが、今日飛んできた蝶々はちょっと変わった模様の蝶々でした。
嫁さん曰く、モンシロチョウは大丈夫らしい(笑)

今日見た蝶々は白地に石垣のような模様の蝶々で、娘も初めて見た蝶々だったのだと思います。
それとこれはあくまで私の想像ですが、蝶々が自分に向かって飛んできたのではないかな・・・と思います。
最初は「あっ蝶々だ!」と思って見たいたのが、自分のところに向かって飛んできて、予想もしなかった蝶々の動きにパニックになってしまったのではないでしょうか。

息子と違い、娘は虫をあまり好みません。
やはりここは男の子と女の子の違いなのかも知れません。
息子は未だに庭に出て虫探しをしたり、用水路で生き物を探したりするのが大好きです。
捕まえた虫や生き物も、平気で触る事ができますが、娘はやはり怖がります。

娘にとっては、しばらく蝶々は恐怖の存在になるかも知れませんね。
きっと親と一緒ならそんなに怖がらないと思うのですが、庭には頻繁に蝶々が飛んで来ると思うので、その内慣れるでしょう。
梅雨の中休みのお昼時。
御近所さんまで巻き込んでの珍事でした(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
わっはっはっはっはー
思わずにんまり笑ってしまいました。

蝶々が怖いの。かわいいなぁ。

とはいえ、娘ちゃんにとったら、ものすごくでっかく感じたんでしょうね。
お父さん、お母さんが家にいるときでよかったねぇ、娘ちゃん(^−^)
Posted by ぢる at 2009年06月12日 14:23
実は・・・ですね・・・
我が主人・・・

他の虫は、平気なのですが・・

蝶々類は、全てダメなんです・・

それこそ・・怖い・・・と・・・言うのですよ・・

(結婚してから知ったのですけどね・・)
初めて、蝶を怖がっている所を見た時は、冗談だと思ったのですが・・・

これが、本当らしく・・
顔が、青ざめていくんですよ・・・

これは、ただ事では、ないと・・
原因を聞いたら・・
な・・・な・・なんと〜
義母さんが、昔から蝶々がキライで、怖い〜と悲鳴をあげていたようです・・

ですから生まれた時から、側で、怖い・・怖い・・と聞いていた為に、何が怖いのか、分からないまま・・生理的に、怖くなっているみたいなのです・・

息子達が生まれてからは、絶対
子供達の前で、怖がらない・・と約束したので、蝶々が飛んで着ても、逃げるような事はしなくなったし、私が捕まえて逃がすので、だいぶ、平然としていられるようになったのですが・・

もしかしたら・・娘さんも、どこかで、誰かが怖がっているのを見たのかもしれないですね・・
Posted by そら☆ at 2009年06月12日 17:23
たかがチョウチョ、と思いそうですが
虫におびえる子、いますよね〜。
本気で怯えるのでかわいそうになります。
ちなみに私の知っている子は男の子なので
一概に男女で区別される物ではないと思います。

娘さんも、その蝶に慣れるといいですね〜。
Posted by えかきさる at 2009年06月12日 23:14
皆さんコメントレスすっかり遅くなって申し訳ございませんm(__)m

ぢるさん、笑えるでしょ。
私も最初、蝶々から必死に逃げる娘の姿を見て、笑ってしまいました。
娘としては本当に怖かっただと思いますが、悲鳴の原因が蝶々だけに笑ってしまいました。
きっと近づいて来たのが怖かったんだと思います。

そら☆さんの旦那さんも蝶々が嫌いなんですか?
子供のころから親が怖がっていて、「怖いもの」として意識の中にすり込まれてしまったのでしょうね。
娘の前で蝶々を怖がるような人はいないハズなので、きっと自分の予想に反した蝶々の行動にビビったのでしょう(笑)
逆にこれから蝶々を怖がらないように、私たちが蝶々を見つけたら積極的に娘と触れ合うようにしたいと思います。
親が側にいて「怖くないよ」と教える事で、子供って安心しますからね。

えかきさるさん、男の子でも怖がる子がいるんですね。
蝶々を怖がる理由って何なんでしょうね?
そう言えば、私の子供のころの同級生にも一人、男の子で蝶々を怖がっていた子がいたのを思い出しました。
今でも怖いのかは分かりませんが、飛んでくる蝶々から必死に逃げている姿を見て、笑うのと同時に不思議がっていたものです。
私が子どもの頃は、網で蝶々を追い掛け回していましたからね。
蝶々から逃げるという行為が信じられませんでした。
娘もその内慣れてくると思います。
Posted by island at 2009年06月15日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック