2009年05月29日

ますます暴走する北朝鮮

危険な隣国がさらに危険度を高めています。
ミサイル発射に続き、再び核実験を行ったことで、日本政府は厳しく北朝鮮を批判しました。
すると北朝鮮は「日本全土が報復攻撃の圏内 日本は修羅場となる」と脅しをかけて来ました。
産経Web新聞での記事を引用します。

ーー<産経Webより引用>ーーーーーーーーーーーーーーー
「日本全土が報復圏内」「修羅場に」と警告 北朝鮮

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は29日、自民党内で敵基地攻撃能力保有論が取り上げられ、麻生太郎首相が法的な可能性に言及していることなどを「再侵略の野心の表れ」と非難、「日本が再侵略戦争を起こすなら、全土が報復打撃の圏内となる」と警告する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。
 論評はまた、「日本の主要都市である東京、大阪、横浜、名古屋と京都には、日本の人口の3分の1以上が住み、工業の基幹部分が集中している」とした上で、「強力な反撃が行われれば、日本は修羅場になるだろう」と強調した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あくまでも脅しだと思いますが、北朝鮮はかなり追い込まれていると思われるので、暴走した時が怖いと思います。
すでに韓国は北朝鮮との衝突も視野に入れて、警戒を強めているようです。
日本同様に韓国に対しても同様の圧力をかけています。
さらに、アメリカからの情報だと、再び遠距離ミサイルの発射の可能性があるとの事。
またもや日本の上空を飛ばして、アメリカに向けてミサイルを発射するつもりなのでしょうか?
本当にいい加減にして欲しいですねこの国は。

しかし、この北朝鮮の脅しを全く気にも止めない日本もどうかと思います。
「どうせ口だけだ」とか「そんな事出来るわけない」とか、軽い気持ちなのでしょうか?
少しは報道があっても良いと思うのですが、全く報道が無いというのは、意図して報道しないのでしょうか?
これだから「平和ボケ」と言われるのです。

ミサイル発射に引き続き核実験。
これでミサイル(北朝鮮はあくまでも人工衛星と言っているが)発射が、核爆弾を乗せて飛ばすためのものだという事が解ったハズです。
それでも、日本の政治家は一部を除き、全く危機感を示しません。
本当に日本を守る気があるのですか?と聞きたいです。

韓国もかなり危機的な状況にあり、最悪の場合朝鮮戦争の再発も視野に入れている事と思います。
何しろ朝鮮戦争は終った分けでは無く、一時停戦状態のまま、長い年月が過ぎているわけですからね。
しかし、もし朝鮮戦争が再発すると、朝鮮半島の問題と高みの見物という分けにはいかないでしょう。
もし朝鮮戦争が再発すれば、北朝鮮のバックには中国・ロシア。
韓国のバックにはアメリカが着きます。日本は嫌でもアメリカと共に韓国側につくことになるのです。
いくら「憲法が・・・」と言い訳しても、自衛隊は朝鮮戦争に駆り出されのは目に見えています。

あくまでも最悪のシナリオですが、現実問題として有りえない事ではありません。
現にアメリカは軍事的関与も視野に入れ始めています。
中国も今はダンマリを決め込んでいますが、これ以上北朝鮮が暴発すると、どんな対応になるか解りません。

日本の周辺は今現在、世界の中で一番緊迫した状態なのです。
それなのに、日本は何も対策をとろうとしません。
景気対策も確かに大事です。しかし国が攻撃されたら、景気も何もありません。
国防とは「最悪の事態」を想定して、有事に備える事ではないでしょうか?

日本の政治家達、そして何よりも国民がもっと危機意識を持たないといけません。
戦争や軍事的衝突を煽るのでは無く、最悪の事態を想定して備えなければならないのだと思います。
何事も無く北朝鮮が核もミサイルも手放してくれれば良いですが、それは100%有りえません。
最悪の事態を想定しながら、それを回避するための措置をとるのが外交です。
北朝鮮の脅しに屈せず、凛とした態度で臨んで欲しいですね。
そして何より、国民がもっともっと危機意識を持っておかないと、いけないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック