2009年05月25日

またも核実験

もう後には引けなくなってしまったのか?
北朝鮮が2006年の核実験に続き、2回目の核実験を行い成功したと発表しました。
先月のミサイル発射問題から、わずか一月半ほどの短期間に実施された核実験。
専門家の間では「近い内に核実験が行われる」と見られていたようですが、まさしくその通りになったわけです。

前回のミサイル発射の時も、早急に対策を出し、実戦配備をしいた麻生政権。
今回の核実験にも即座にコメントを出し、北朝鮮を強く批判してけん制しています。
明日にも安保理が開かれ、北朝鮮に対して厳しい批判が出されることと思います。
さすがに今回の核実験は、中国・ロシアも議長声明だけで終らせることは出来ないでしょう。

北朝鮮は最初の核実験も、ミサイルの時も、そして今回の核実験も、すべて「成功した」と発表していますが、実際のところ成功とは言えない状態だと思います。
今回の実験もどこまで効果があったのか疑問です。
それでも必死こいて核実験したり、ミサイル飛ばしたりしているのは、実は北朝鮮自体がかなり追い込まれているからなのだと思います。
もう崩壊のカウントダウンに入っているのかも知れません。

金正日の健康悪化問題と後継者問題。
どちらも打つ手が無いような状態の中、何とか軍事大国である事を見せつけて、アメリカと対等に話をして、アメリカから認められたいと思っているのでしょうね。
アメリカを説得できれば、日本はアメリカに従って経済支援をすると思っているのでしょう。
どこまでも日本は舐められたものです。

自国民を拉致され、ミサイルを放たれて、それに対して対抗策を出すと、平気で罵声を浴びせられ。
そんな国になんで私たち日本人が支援をしなくてはならないのですか?
日本人は過去の戦争の責任を感じているから、歴史問題・戦略戦争という言葉を出せば、何でも言う事を聞くと思っているのでしょうね。

今回の核実験に安保理がどのような対応をするのか?微妙なところです。
アメリカは表向きは日本と協力して、制裁を科す事を求めるかも知れませんが、あくまでも表向きだと思います。
実際は中国とロシア。特に中国がどのように反応するかだと思います。
本当は強く批判して制裁を科したいところでしょうが、これまでの付き合いからして、そう簡単には出来ないでしょう。
中国にとっては北朝鮮は使い捨ての日本けん制国にしておきたいのです。

中国自らが日本にけん制するのでは無く、北朝鮮を使って日本にけん制し、その対応をみようと思っているのではないでしょうか。
だから強く批判も出来ない。しかし他国特にアメリカとの関係を保つためには、厳しい批判が必要。
アメリカも弱っている所を、中国にしっかり足元見られていますから、中国に対して強く言う事は出来ない。
お互いそれぞれに奥歯に物が詰ったような、そんなぎこちなさの中で安保理が開かれるのだと思います。

そんな中で、日本は一番の驚異を受ける国です。
アメリカまかせでは無く、日本独自の制裁や有事に備えての、準備をすすめて行かなくてはならない時期だと思います。
「愛のある政治」等と綺麗事を並べている場合ではありません。
今世界は「愛」だけではどうにもならない状況にあるのです。
逆に愛があればこそ、厳しい対応・制裁を行うのが適切な対応だと思います。

明日の朝にも安保理会議が開かれるようです。
今後の世界の同行をしっかりと見ておきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
あの国はしょうもないことやめたら、何人のコッチェビ(孤児)が救われるのかな・・・
いつも悲しくなります。
Posted by ぢる at 2009年05月26日 16:08
ぢるさん、本当にどうしようもない国ですね。
自国民が食料難で苦しんでいるのに、上層部だけは良い生活して軍事にお金を使う。
独裁者政権の招いた最悪の結果だと思います。
こんな危険な国が隣にあるのに、日本は本当に平和ボケしていると思います。
「友愛」なんてこの国には通用しません。
日本は毅然として態度で対応し、いざと言う時には日本の領土と日本国民を守る術を、早急に考えなくてはいけないと思います。
Posted by island at 2009年05月26日 16:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549457
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック