2009年05月22日

時間の問題か?

いよいよ関東でも広がりを見せ始めている「新型インフルエンザ」。
関西では兵庫・大阪に続き、滋賀・京都でも感染者が出ました。
徐々に周囲を固められてきているようで、「いつ奈良も感染者が出るだろう?」と、ドキドキしながらニュースを見ています。

今回の新型インフルエンザは、弱毒性と言われ、症状もさほど重くないようです。
もう一つの特徴として、十代の若者の感染が多く、高齢者の感染はほぼ皆無です。
そのことから、昔流行った事があるインフルエンザと同様のインフルエンザではないかと言われています。
年齢の高い方は、以前にそのインフルエンザによって抗体が出来ているのでは?と見られているようです。
もしそうだとすれば、その抗体を突き止めれば、今回の新型インフルエンザの予防接種等に期待がもてます。

それにしても、今回のこの弱毒性の新型インフルエンザでさえ、マスクが品薄になりマスコミが騒ぎ立て、大変な事になっていますが、これが鳥インフルエンザから発生する、強毒性のインフルエンザだとどうなるのでしょう?
まさしくパンデミックになり、日本は大変な事になるでしょうね。
今回はその意味でも予行練習になっていると考えると良いのかも知れません。
マスコミはしきりに「政府がキチッとした対応を!」と言っていますが、初めての事だらけの中、私はちゃんと対応している方だと思います。

兵庫・大阪はすでに蔓延状態と見られるため、これまでの対応を変え、休校の措置なども解除されるようです。
「休校だ〜」と喜んで街に繰り出す中高生がいては意味が無いですからね。
十代の感染が多いのも、ここに一因があるのかも知れません。

幸いにも奈良はまだ感染者が出ていませんが、出た時の対応が怖いです。
学校からもすでに「休校になった場合は7日間ほどの長期休校になる可能性があります」というビラが配られている。
そうなったら当然、学童も閉所することになる。
共働きで核家族の家庭にとっては、本当に大変な問題なのです。

奈良から感染者が出るのも、時間の問題かも知れませんが、願わくばこのまま感染者が出ずに終ってほしいです。
しっかり予防を心がけて、感染の広がりを少しでも抑えていきたいですね。
皆さんもしっかりマスク・手洗い・うがいを実践して下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549454
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック