2009年05月12日

三歳児で関西弁!?

三歳になった娘は、さらにおしゃべりがパワフルになってきています。
とにかくおしゃべりです。女の子ってこんなに話すんですね。
息子の時とは全く違うので、本当にビックリしています。

まだ三歳なのに、ちゃんと私たちと言葉のやりとりを出来るのが凄いです。
人間って生まれてから3年で、こんなにも成長するものなんですね。
娘の言葉を聞いていると、「いつそんな言葉覚えたの?」って思うことがしばしばあります。
きっと託児所でお友達と沢山お話しして、その中でいろいろと覚えてくるのでしょうね。

最近は言葉の語尾に関西弁が混じるようになってきました(^^;)
「○○○○○○○○○○やんなぁ〜」とか「○○○○○○○○○○やで」とか、小さな娘が使う関西弁が可笑しくも可愛く響きます。
託児所でもお友達と関西弁混じりで沢山お話ししているのでしょうね。
想像しただけで笑ってしまいます。

時々言葉の意味が解らない時や、伝えたい言葉がなかなか伝わらない時もありますが、ほぼ日常の生活の中で言葉のやりとりは出来ています。
そうなると大分手が離れるかと思いきや、最近はなかなか言う事を聞きません。
あまのじゃくで何でも自分の思い通りにやらないと気が済まないのです。
例えばコップに水を入れるのでも、自分がやりたいと思っていた時に、勝手に入れられるともう大変です。
かと思えば、自分でやると思っていたら「お父さんやって〜」という事もしばしば。
本当に自分の気分で生きている感じです(^^;)

きっと娘はマイペースなんだろうなぁ〜と思います。
何しろ出産予定日を1週間過ぎても、なかなか産まれてこなかった子ですからね。
息子はキッチリ予定日に産まれましたが、娘は周りから「まだか?まだか?」と言われ続けても、のんびりと産まれて来ました。
きっとこのままマイペースで育つのでしょうね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549443
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック