2009年05月11日

小沢氏ついに辞任

ついに民主党代表の小沢氏が、代表を辞任しました。
辞任の会見を見ましたが、正直何の説明も出来ていないと感じました。
「党内の結束を高めるために、代表の座を退いて政権交代を目指す」と言われても、何で辞任するか説明になっていません。
党内が結束されないのは、ご自身の西松建設献金疑惑で、秘書が逮捕されたからでしょう。
まさしく身から出たサビであるにも関わらず、まるで自分を犠牲にして党のために退く、それが政権交代への追い風となり、政権交代で日本が良くなる。

会見聞いてて感じたのは、この人は政権交代が目的になっていると言う事でした。
政権交代さえすれば日本は良い国になる。そんな無責任な考えのように感じました。
まずは自分自身に向けられた疑惑を、ちゃんと説明して謝罪する事が必要だと思うのですが、その事については全く触れようとしませんでした。

何故この時期に辞任したのか?
連休中に考えて自分で決めたとの事ですが、私は党首討論を逃げたのではないかと思います。
明後日には麻生総理との党首討論会が予定されていました。
これまではマスコミの麻生バッシングの効果もあって、強気の発言を出来たかも知れません。
しかし、西松問題で痛手を負い、逆に麻生総理の方は徐々に実績が認められ始めています。
こんな状態で党首討論したら、コテンパに負ける事が予想出来たのでしょう。

党首討論で総理に厳しく詰め寄る自信があるのなら、こんな時期に辞めたりしないでしょう。
党首討論で軍配が上がれば、一気に民主党の支持率も上がり、党内の批判も沈静化するハズです。
それが出来ない事が分かっていたから、負ける勝負をしたくなかったのだと思います。
自分が有利な時は大きく出るが、いざ不利となるとさっさと逃げるなんて、こんな人が次期総理だなんて冗談じゃありません。

民主党の党首を辞任しても、西松建設の献金疑惑は解決した訳ではありません。
まるで党首を辞任したのが英断のような報道もありますが、これは小沢氏自身の大きな問題です。
あやふやにして終らしてはいけないのです。
しかし、マスコミはきっと「民主党団結のために自ら犠牲になった」と、小沢氏を持ち上げる事でしょう。
私から言わせれば、自分の立場が悪くなって尻尾丸めて逃げ出した。そんな印象です。

民主党はすぐさま代表選挙をすることになりますが、誰がなっても同じのような気がします。
おそらく小沢氏に近い人間が選ばれることになるでしょうから、鳩山氏か岡田氏か。
どちらも批判ばかりで、現実的な話のできない方々です。
そもそも全く考えの違う人間が、多方から集まって出来た政党ですから、まとまるはずないんですよね。
自民党もまとまりはありませんが、民主党はもっとまとまりありません。
何せ母体は旧社会党みたいなものですからね。

解散総選挙がいつになるのか?
民主党代表が誰になるのか?
政治の動きが活発になりそうですね。
私たち国民は、しっかりと自分の目で確かめ、自分の頭で考えて政治家を選びましょう。
決してマスコミのイメージ戦略に乗せられてはいけません。
「うまい話には裏がある」のと同じで、耳障りの言い公約には罠があります。
騙されないように賢い国民になって、日本の将来を決めて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549442
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック