2009年05月06日

ブリの刺し身に舌鼓

一昨日、突然弟から携帯に電話が入った。
私の四つ下の弟は東京に在住しています。
まだ独り身なのですが、趣味が釣りで休みの度に釣りに出かけているようです。
電話の内容が「ブリを釣ったので送る」という内容でした。

以前も太刀魚を送ってきてくれた事が有り、太刀魚の天麩羅に舌鼓しました。
今回はブリと言う事で、刺し身で食べようと考えていました。
電話があったのが4日の夕方でしたので、東京からその日の内に送っても、到着は早くて翌日の夕方。
しかし、ニュースでも流れているようにGWにプラスして、景気対策で打ち出した「高速道路1000円乗り放題」の影響で、高速はどこもかしこも大渋滞。
トラック運転手の方々にとっては、とんでもない迷惑を被っているようです。

その影響もあってか、到着したのは本日のお昼。
さっそく中身をとり出し冷蔵庫に入れておきました。
そして夕方にとり出してみたのですが、かなりの大きさにビックリです。
早速、弟から聞いた通りに、三枚におろして皮をそぎ取ります。
ちょっと切り身を口に入れてみたのですが、脂が乗ってメチャ美味です(^o^)
すべて刺し身にして、大きな皿を二皿使いました。

晩ご飯は当然刺し身と、一緒に送られてきたブリの御頭焼きです。
嫁さんも当然ですが、子供達も美味しいブリに大喜び。
パクパクと刺し身を食べていました。
息子は「お寿司にする」と言って、自分でご飯を握り刺し身を乗せて食べていました。
すると娘も真似してご飯を手に・・・・。
しかし、なかなか握れなくて、結局お兄ちゃんに握ってもらって食べていました。

刺し身は二皿ありましたが、さすがに一皿でお腹一杯になり、もう一皿は明日食べる事にしました。
奈良は海無し県のため、なかなか新鮮な刺し身を食べる事ができません。
スーパーに行っても、いつも刺し身の色を見ては「食べる気にならないな〜」と嫁さんと話をしています。
今日は日頃食べる事ができない、新鮮な刺し身を食べる事が出来て大満足でした。

食べた後に、弟にお礼の電話を入れました。
まずは息子が電話で話し、その後娘も一生懸命電話で話していましたが、全く会話になっていませんでした(笑)
また機会があれば送ると言う事でしたので、また楽しみにしていたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549437
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック