2009年03月26日

冬の忘れ物

桜の花がチラホラと咲き始め、いよいよ本格的な春!!と思っていたら、寒波がやって来て一気に冬に戻ってしまいましたね(^^;)
地面から顔を出した土筆も、花を開き始めた桜も、ちょっと戸惑っているのではないでしょうか。

毎年この時期になると、灯油を買うべきか悩みます。
灯油が切れて「もう寒さは来ないだろう」と思っていたところにこの寒波。
最初は何とか灯油無しで乗り切ろうと思ったのですが、やはり真冬並の寒さには勝てず、ひとまずポリタンク1つ分だけ買いました。

灯油が切れて二日間ほど頑張ったのですが、やはり灯油ストーブの温もりには勝てませんでした。
特に朝の寒い時には、灯油ストーブの暖かさが身にしみます。
我が家の子供達は、朝起きるとストーブの前にちょこんと座ります。
まるで猫が暖かいところに陣取るように、息子も娘もストーブの前にちょこんと座って体を暖めているのです。
体を暖めないと動けないなんて、まるで爬虫類のような我が家の子供達です(笑)

しかし、二日間ほど灯油が切れていた時期も、習慣からストーブが点いていないのに、ストーブの前に陣取る2人。
全く暖かくも無く、逆にホットカーペットの上の方が暖かいのに、体がもうその行動に馴染んでしまっているのですね。
点いていないストーブの前に、いつものように座る子供達を見て、思わず失笑してしまった私です。

今は灯油を入れたので、またいつも通りの朝で、ストーブの前に陣取る2人。
子供って遊ぶ時には寒くてもへっちゃらなのに、何故寝起きは大人以上に寒がりなんでしょうね。
寝起きだけは2人仲良くストーブの前でじっとしています。
本当に動物が暖をとっているみたいで、見ていて可笑しいです。

あと1週間くらいは寒さが続きそうなので、しばらく灯油ストーブのお世話にならないといけないようです。
桜も咲き始め、そろそろ花見の計画を考えていたのですが、この寒波でどうなるのやら。
いったん暖かくなってゆるんだ心と身体に、再び寒さがやってくると、なかなか再度引締めるのは難しいもので、気を抜くと一気に風邪引いてしまいそうです。

体調管理しっかりして、暖かい格好して、冬の忘れ物を楽しみながら、暖かい春を迎えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ちょこんと座った二人の幼子を想像して、心が温まります。
我が家は、マンションだし温暖な房総のせいでしょうか、今年一度もエアコンの暖房は使いませんでした。床暖だけで十分でした。
私は、においに敏感で、石油のニオイがどうしても苦手で、石油ストーブは使っていません。
でも、暖かさは石油ストーブは抜群ですね。古い広いつくりの田舎の実家では欠かせませんでした。
Posted by 春眠 at 2009年03月27日 12:31
春眠さん、床暖だけで十分暖かいなんて良いですね。
本当は石油ストーブよりも、薪ストーブに憧れるんですけどね。
薪ストーブのゆらゆらと揺れる炎を見ながら、うたた寝してみたいですね。
Posted by island at 2009年03月28日 05:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549397
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック