2009年03月19日

津川雅彦さんのブログ

これまでも何度かつぶやいてきた「マスコミの偏向報道」。
私もこの事実に気付くまでは、全くそんな事を感じずにテレビを見ていました。
しかし、最近はテレビの編集方法や、報道番組の司会者・コメンテーターの発する言葉を、よく見てよく聞くようになりました。
いままで何故、自分が「おかしい」と思わなかったのか不思議なくらいです。
それだけ完全にマスコミに躍らされていたのでしょうね。

私が目を覚ましたのはやはりネットの存在でした。
ネットで調べれば調べるほど、マスコミの偏向報道がよく解りました。
言葉を都合の良いようにカットして報道する。
些細な言葉の間違いやミスを、大問題として祭り上げる。
特に政治に関わる事には、異常と思えるほどの偏向報道です。
マスコミ総出で自民党政権を潰して、何としてでも民主党に政権を取ってもらおうと必死になっている気がしてなりません。

その結果、以前の私のように何も考えずにテレビを見ていると、「自民党はけしからん」「一度民主党に政権交代してやらせてみよう」と安易に考えてしまいます。
本当に安易にです。民主党という党がどんな党なのかの情報も無いままに。

でも、テレビに出てくる著名人は殆どの人が、麻生政権の批判をして「政権交代」を促します。
マスコミにお世話になる存在なのですから、結局のところそう言わざるを得ないのかも知れません。
私の知っている範囲では、テレビに出て本当のことを言ってくれるのは、何度か紹介した「青山繁晴さん」くらいです。

しかし、テレビにも出ている人で、ブログで痛烈にマスコミ批判をしている有名人を見つけました。
その方は俳優の「津川雅彦」さんです。
最初は「本物だろうか?」と疑っていたのですが、映画の「旭山動物園物語」の情報などの本人しか分かりえない情報から、やはり本人のようです。
テレビにもお世話になっている人が、今のマスコミを痛烈に批判し、そして民主党も批判しています。
なかなかここまでハッキリと言う有名人は珍しいです。

普通は「誰からも好かれよう」と、批判的な事は書かないように思いますが、一般人以上にハッキリと自身の考えを主張しています。
そしてそのブログに対して、共感した人々が多くのコメントを残しています。
皆、私と同様にマスコミのおかしな偏向報道、民主党を担ぎ上げる報道に疑問と怒りがありながら、行き場の無い怒りに悶々としていたのでしょう。

やはり「おかしい」と感じたら声をあげていかないといけませんね。
私も時々ここでつぶやいていますが、なかなか実生活ではそんな事を話す機会がありません。
突然そんな話をすると「何だコイツ危ない奴!?」と見られるのでは?という不安もあります(^^;)
津川さんのブログでも書いてましたが、日の丸のシールを車に貼っただけで「右翼」と決めつけられるのと同じ感覚です。

少しずつ機会を見て、そんな話を出来る環境を作っていきたいと思います。
これからの日本、子や孫にどんな日本を残せるのか。
それは私たちの今にかかっているのですからね。

津川雅彦さんのブログ面白いです。
良かったらご覧下さい。
http://www.santanokakurega.com/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
良い情報を教えていただきました。
津川雅彦氏、素晴らしいですね。
仰っているように、保守はいいけど、黒塗りの車で軍歌を流してがなりたてる右翼には困ったものですね。彼らのおかげで日の丸が右翼の象徴となってしまい汚された感じがします。
私は二度彼らに注意したことがあります。「何故黒塗りの車なのか、何故大音量で軍歌をがんがん流すのか?一般市民に主義主張を受け入れて欲しかったら、清潔なきちんとした格好をして、良識ある言動をとりなさい」と申し上げました。でも分かってもらえなかったですがね。かっこいいと思って自己満足しているのでしょう。
Posted by 春眠 at 2009年03月22日 08:41
春眠さん、津川雅彦さんは実に正論です。
本当の意味での右翼って、あの迷惑な団体とは違うと思います。
あの姿がイコール右翼になり、日の丸も愛国心もイメージが悪くなっていると思います。
愛国心とは日々の暮らしの中で、先祖に感謝し先人に感謝し、これからの国をこの国の発展を願う心だと思います。
本当は多くの国民が普通に持っている心です。
ただ「愛国心」という言葉が出たり、日の丸を掲げたりすると、イメージが悪くなるのは、戦後の教育の問題であり、右翼団体の問題だと思います。
本当に国を愛する人なら、大音量で軍歌を流して走ったりしませんよね。
本当に迷惑な人達だと思います。
Posted by island at 2009年03月23日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549390
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック