2009年03月14日

私もついに剣道開始

今日は息子の剣道練習日です。
いつものように息子の胴衣を持って練習に行きました。
私が娘の面倒を見ながら練習を見学していると、そこへ先生がやってきて「お父さん一緒にしませんか」と言ってきました。
先週の日曜日に6年生を送る会をした時に、先生と話をしていてその時に誘われていたのです。
しかし、竹刀も無いし、今日は何も用意していないのでいつものように見学のつもりでした。
ところが、先生の竹刀を持ち出してきて、結局私も練習に参加することになりました(笑)

息子はもう防具を着けて、本格的な練習を開始しています。
その横で私は小さな子どもに混じって、基本の練習を行いました。
息子の練習をずっと見続けているので、おおよその事は頭で理解していましたが、やはり実際にやると難しいものです。

何度も何度も素振りをして練習していましたが、その内、腕が痛くなってきました。
きっと明日は筋肉痛で動かないことでしょう(笑)
娘は嫁さんが面倒見ていましたが、私が練習していると自分もやりたくなって、私の元へかけよってきます。
その度に、竹刀を持たせ「面、面」とまね事をさせました。
娘もすっかりその気です。
娘の竹刀と私の竹刀を買って、娘と一緒に練習しますかな(笑)

練習終了後、練習に参加していたお母さん方から「頑張って下さいね」と応援されました。
「しかしこの歳ですからね〜」と笑ながら話していると「Mさんも42歳から始めたんですよ」と教えて頂きました。
Mさんは今は防具を着けて、先生と剣を交わす程に立派な剣道をしています。
私と同じ歳で始めて、3年でそこまで上達できるものなのかと驚きました。
それと同時に、私も真剣にやれば、それなりに上達できるのかも知れないという気持ちになりました。

最初は息子の練習を見るだけでなく、素振りでの良いので練習に参加する程度のつもりでした。
しかし、やはりやるからには剣道の極意を突き詰めたい。
防具を着けて真剣勝負をしてみたい。という気持ちもあります。
そして何より、息子と剣を交わしてみたいという気持ちが強いです。
親子揃って何かひとつのことを出来ると言うのは、とても良い事だと思います。
また、日本の武道を学ぶというのは、何歳になっても出来る事ですので、心の成長にも繋がる事です。
息子の後輩という形ですが、息子に負けないように頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549385
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック