2009年03月09日

親に似る子供達

我が家は息子と娘の一男一女ですが、全く顔も性格も違います。
男と女なので当然違いもあるのですが、性格もまるで違います。
寂しがり屋で甘えん坊の息子に比べ、娘は親がいなくても遊んでくれる人がいれば、全く平気です。
まだ2歳ですので甘えん坊ではありますが、息子の同じ頃の事を思うと、全く違います。

そして顔も全く違います。
息子が今の娘くらいの頃の写真を見ると、似ている部分もあるのですが、ベースが違います。
よく言われるのが「息子はお母さん似」で「娘はお父さん似」です。
これには娘が可哀想で仕方ありません。
どうして逆にならなかったのでしょう(笑)

確かに娘の顔はどちらかと言えば私寄りです。
でも、ソックリという程似ているとは思わないのですけどね。
私か嫁さんか?と言われれば私似ということになると思うのですが、それでもやはり複雑です。
このまま大きくなったら「私はお父さん似だから嫌だ」と娘が口にするのが目に見えています(笑)
まぁ、これも運命と思って諦めてもらうしかないですね。

きっと神様がそんな親父似の顔でも、笑って吹き飛ばして生きて行けるように、娘はひょうきんな性格なのかも知れません。
愛嬌があるのが良いので、娘にはこのまま育ってほしいと思います。

しかし、性格となると今度は息子が私似だと思います。
自分の好きな事には夢中になり、真剣に取り組むけど、それ以外はいい加減な所などは、自分の子供の頃を見ているようで、とても恥ずかしくなります。
自分自身を叱るような気持ちで、今、息子にも叱っていますが、私の子ですからなかなか直らないようでしょうね(^^;)

息子も娘も、私の負のDNAを引き継いでいる感がありますが、それにめげずに成長してほしいと思う今日この頃です。
親がこんなレベルですから、それ以上の事を子供に求めるのは酷ですね。
とにかく元気にたくましく、明るく楽しく成長してくれたら、それで十分だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
娘は父親似、息子は母親似になるのは仕方ないことだと思います。
理由こそ分からないけれどそぉいぅものなんだと受け止めてしまえばいいんじゃないかと思う。
息子は父親の背中を見て育つんだにょw
いつか父親を超えてやるんだという気持ちで背中を見るとか・・・。

自分自身にとっては負のものばかりって思うかもしれないですが、子供達にとったら違う意味で捕らえてくれるかもしれないじゃないですか!!

子供達が大きくなって子供を育てるようになったときにそんな話題をしても良さそうですね(´∀`*)ウフフ
Posted by のん at 2009年03月10日 02:02
のんさん、父親似であっても愛嬌良く、明るく育ってくれればそれで十分です。
悲観はしていませんが「お父さん似だね〜」と言われる度に苦笑いしています(^^;)
きっと年頃になったら、娘が言われるのをいやがるのでしょうね(笑)
息子は父親の背中を見て育つというのは、確かにそうだと思います。
男にとっては越えたい山のような存在ですからね。
私もそう思われるように、もっとでかい山になれるよう頑張らねば。
息子が大人になった時、そんな事を話ながら酒を酌み交わしたいものです。
Posted by island at 2009年03月10日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック