2009年03月03日

やはり出てきたこの問題

政界に衝撃が走りました。
民主党・小沢一郎代表の公設秘書が逮捕されました。
容疑は建設会社からの違法な献金受け取り。
これまでメディアは「解散総選挙」「政権交代」を促すような報道ばかりで、それを追い風として民主党も突っ走っていただけに、今回の逮捕劇はまさしく衝撃です。

しかし、ネットではすでに半年以上も前から、今回の西松建設と小沢代表との黒い噂は取りざたされていました。
むしろ「ようやく動き出したか」というのが、ネット世界での常識でしょう。
ネット世界では常識だった事が、テレビや新聞では出てこない。
まさしくここに今のマスコミの問題点があります。

マスコミが知らなかったのでは無くて、あえて伏せていたと考える方が筋が通ります。
この問題が浮上してくるのも時間の問題だったのでしょう。
マスコミの異常なほどの麻生政権へのバッシング。そして中川前財務大臣をしつこく叩きのめし、支持率低下を報道して、麻生降ろしをまき散らす。
早く総選挙をして、民主党の圧勝で政権交代を実現する。
そんなシナリオがあったと思えるほど、見事なまでに流れが出来ています。

しかしそれでも民主党は「政府の陰謀説」を言い出し、「選挙が近いから民主党の誹謗中傷のために仕掛けた罠」みたいな事を口にしています。
あのね、どこまで国民をバカにしているんですか?
中川前財務大臣がもうろう会見した時に、「議員辞職せよ」と迫ったのはどこの誰ですか?
中川前財務大臣は法を犯したわけでもないのに、厳しく責めて、今度は自分の党に不利になると「陰謀説」ですか?

中川前財務大臣のもうろう会見にも多くの疑問点があり、陰謀説の噂が多く存在します。
しかし、中川氏本人も麻生総理も潔く過ちを認めました。
一言も「陰謀説」など口にはしていません。
それは本当に国の事を、国民の事を思っているからだと思います。
民主党は「陰謀説」を口にする前に、まずは国民にしっかりと謝罪をするのが先ではないでしょうか?

今回の事件に関し、コメントを求められた麻生総理は次のように受け答えしています。
以下産経Webニュースから抜粋

−−民主党の小沢一郎代表の公設秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕された。次期政権を目指す党の代表にこうした「政治とカネ」の疑惑が浮上したことをどう思うか
 「検察において、適切に処理をされているんだと思いますんで、個別案件についてはコメントすることはありません」
 −−一般論として、次期政権を目指す党の代表に政治とカネの疑惑が出たことについてはどう思うか
 「今コメント申し上げたとおりで、個別の案件について、一般論であろうとも、個別のコメントですから、コメントを述べることはありません」
−−小沢代表に説明責任はあると思うか
 「それも今申しあげたとおり、個別の案件を、対してお答えすることはない。あの個別の案件は、いつも答えないじゃないですか。個別の案件で答えることはありません」
 −−西松建設が政治団体を隠れみのにパーティー券を購入などを行ったとされる政治家の中に、麻生内閣の閣僚や自民党執行部のメンバーも名前も挙がっているが
 「その内容を詳しく知りませんので、個別の案件にはお答えできない、っていうのは今お答えしたのと同じです」
 −−民主党の山岡賢次国対委員長は政府による陰謀だといっているが
 「山岡先生がいわれたんですか?」
 −−はい
 「それも個別の案件に対して個別のコメントだと思いますんで、こちらから個別の答弁、コメントさせていただくことはありません」
 −−解散の時期に影響は?
 「われわれは今、経済対策、景気対策をやっているんです。これがすべてだと申し上げているんです。解散の時期など関係ありません」

一貫してコメントを避けています。
詳細が分からないという事もあるでしょうが、今まで自民党の事を即座に民主党が批判していたのとは、本当に対照的です。
そして注目すべきは最後の質問。
解散総選挙の時期を聞かれ、「経済・景気対策が先、解散の時期など関係ない」と言い切っています。
この話からも国のため、国民のためを考えている事がわかるのではないでしょうか?

しかしマスコミはこの部分はきっと報道しないのでしょうね。
ネガティブキャンペーンしてますから、国民が支持する内容はカットすると思います。
自民党内には「今がチャンス!早めの解散総選挙を!」と考えている人も多いでしょう。
私は麻生総理は任期いっぱいまで解散しない気がします。
確かにこれまでの立場からすると、民主党が衝撃を受けている今、自民党はチャンスかも知れません。
でも、国民はそんな事を望んではいません。政局よりも政策なのです。
そして、その言葉は、麻生総理が就任した時に発した言葉です。
麻生総理の「麻生がやりぬく」のキャッチコピー通り、政局にとらわれずに、国のために国民のために、最後まで景気・経済対策をやりぬく覚悟なのだと思います。

今回の秘書逮捕劇、果たして秘書だけでとどまるのか?
巷では小沢氏自身にもお縄がかかるのでは・・・という見方もあります。
そして民主党にとどまらず、自民党の内部にも影響が出てくる可能性も十分にあります。
この際ですから、徹底的に追及してほしいですね。
善人面している人間の化けの皮を剥がしてほしいと思います。

今、本当に求められているのは、国のため国民のためを考えて行動する政治家です。
口先だけの「国民の生活が第一」なんて言葉は要りません。
私利私欲のために政治をしている議員を、徹底的に洗い出し国民の前にさらすべきです。
そして国民もマスコミの誘導に流される事無く、しっかりと真実を見る目を鍛えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
ほんとに小沢氏は陰謀説など持ち出すのは卑怯ですね。
小沢氏は、急速に左傾化していて、民主党が政権をとったら、もう日本が日本でなくなります。外国人参政権などもとても危険な法案ですね。
「北方四島を金で買ったら」なんて発言も正気の沙汰ではありません。ソ連が火事場泥棒で盗った島を、何故金を出さねばならないのでしょう。むしろ、島を返してもらって、その上で今までの漁業権の損失等も含めて損害賠償を求めてもいいくらいなのに・・・

私達非力な庶民に出来ること、それは国会のそれぞれの議員室に電話して、意見を伝えることです。激励、反論・・・簡単にできることですから、皆さん是非やりましょう!
Posted by 春眠 at 2009年03月04日 10:34
春眠さんは、十分に真実をご存知ですよね。
ネットでは小沢氏の危険性はとても多くささやかれています。
先の「アメリカ軍は第七艦隊だけで十分」とか「拉致問題は簡単には解決しないから、お金を出して何人か返して下さいと言うべき」等との発言は、失言どころの騒ぎではありません。まさしく暴言です。
しかし、マスコミはこの発言を殆ど報道しません。
自民党の議員が口にしたら、それこそ大問題として即座に「総理の責任」となるでしょう。
本当に日本のマスコミは腐っています。何が何でも民主党に政権を渡したいみたいですね。
今回の小沢氏の対応と、麻生総理の対応を見て、国民は気付かなくてはいけません。
本当に国民の生活を考えているのは誰なのか?
民主党の言う「国民の生活が第一」とは、もしかしたら日本国民の事ではないのかも知れませんね。
「日本国民の生活が第一」と言うのなら分かりますが、やってる事は「日本人以外の国民が第一」に感じます。
きっとマスコミは「陰謀説」を大々的に取り上げて、さらに麻生政権の支持率低下をもくろむ気がします。
もういい加減日本国民は気付かなければいけません。
日本を守るのは私たち国民です。
しっかりとした目で政治を見て、国を想う議員を応援しないといけませんね。
Posted by island at 2009年03月04日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549374
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック